今週インタビューを失敗したのは、意外にも、現役でステマの契約社員をしていない五人の少年!
出揃ったのは、メンキャバを辞めたAさん、貧乏学生のBさん、芸術家のCさん、タレントプロダクションに所属する予定のDさん、芸人に憧れるEさんの五人です。
筆者「では先に、始めた動機から尋ねてみましょう。Aさん以外の方からお願いします」
A(メンキャバ就労者)「オレは、女性心理がわかると思い辞めました」
B(普通の大学生)「オレは、ガッツリ儲けられれば何でもいいと思って開始しましたね」
C(表現者)「オレは、演歌歌手をやってるんですけど、まだ素人同然なんでいっこうに稼げないんですよ。大物になる為にはくだらないことでも着々と下積みしなきゃいけないんで、こういう仕事をやって、差し詰めアンダーグラウンドな場数を踏もうと思って」
D(有名芸能事務所所属)「わしは、○○ってタレントプロダクションでパフォーマーを夢に見てがんばってはいるんですが、一回のコンサートで500円しか入らないんで…先輩に教えていただいたサクラのバイトをやむを得ずやってるんです」
E(若手お笑い芸人)「本当は、俺様もDさんと似たような状況で、1回のコントで僅か数百円の極貧生活してるんです。先輩が教えてくださって、ステルスマーケティングのバイトを開始しました」
こともあろうに、メンバー五名のうち三名が芸能事務所に未所属という至って普通のメンバーでした…、ただ話を伺ってみるとどうやら、五人にはサクラによくある苦労があるようでした…。

関連記事