筆者「もしかすると、芸能人で売れたいと思っている人って、サクラのアルバイトをしていることが多いのですか?」
E(某業界人)「そうだと聞いています。サクラのお金稼ぎって、シフト結構融通が利くし、我々みたいな、急にステージの予定が入ったりするような仕事の人にはお互いにいいんですよ。予測不能の空き時間にできるし、一風変わった経験の一つになるし…」
C(某現役アーティスト)「人生経験になるよね、女性のキャラクターとして演じるのは苦労もするけどこちらは男の気持ちがわかるから自分の立場からかけられたい言葉を相手に言えばいい訳だし、男性の気持ちがわかるわけだから、相手も容易にだまされますよね」
A(メンキャバ働き)「意外な話、女の子のサクラは男性客の心がわかってないから本当は下手っすよね」
ライター「女のサクラより、男性のサクラの方がより優れているのですか?」
D(芸能事務所在籍)「はい。秀でた結果を残しているのは大体男性です。しかし、僕なんかは女のキャラクターを演じるのが上手じゃないので、いっつも激怒されてます…」
E(とある有名芸人)「お分かりの通り、不正直者が成功するワールドですからね…。女性になりきるのが思いのほか大変で…俺も頑張っているんです」
ライター「女性になりきって演じるのも、色々と苦労するんですね…」
女のキャラクターのどのようにして演じ切るかのトークで盛り上がる彼女ら。
その中で、ある言葉をきっかけとして、自称アーティストであるというCさんに視線が集まりました。

関連記事