以前ここに載せた記事の中で、「エロイプで結構盛り上がったので、実際に会ったところ犯罪者だった」と想像と違う展開になった女性の話をしましたが、女性としても考えがあるのでしょうが、その男性との関係が進展して行く事になったのです。
その女性としては、「雰囲気がやくざっぽくて、さすがに怖くなって他に何も出来なかった」と話していましたが、さらに話を聞かせて貰ったところ、彼女としても興味を持つ所がありそのまま関係を続けようと思ったようです。
どのような犯罪を彼が犯していたかというと、普通は持っていないような大きめの刃物で刺した相手も親だったという話だったので、単なる事故などとは違うと普通は思うかもしれませんが、話してみると普通の人と変わらず、女性に対しては優しいところもあったので、緊張しなくても問題ないと思い、交際が始まっていったという話なのです。
その後も上手くいけばいいのですが、時々おかしな動きをする場合があったので、何も話し合いをせずに出て行き、男性とは別れる事にしたのだと話していました。
近くにいるというだけでも恐怖を感じるような状況で、男性と暮らしていた家から、今のうちに離れていこうと出て行ったという話なのですが、本当は雰囲気が嫌だった事も理由としてはあったようですが、少しでも納得できない事があると、力で納得させようとするし、凄い暴行をするような素振りをする事が増えたから、何かとお金を渡すようになり、他にも色々な頼み事を聞いて、ずっと暮らしていたというのです。
気軽に出会えるサイトを使用している中高年や若者にお話を伺うと、概ねの人は、人恋しいと言うそれだけの理由で、一瞬でも関係を持つことができれば別に構わないと言う考え方でエロイプを使用しています。
わかりやすく言うと、キャバクラに行くお金をケチりたくて、風俗にかけるお金もかけたくないから、タダで使えるエロイプで、「乗ってきた」女の子で手ごろな価格で間に合わせよう、とする男性がエロイプを活用しているのです。
そんな男性がいる一方、女性陣営では少し別のスタンスを抱いています。
「すごく年上の彼氏でもいいから、お金持ちで料理ができる彼氏が欲しい。出会い系をやっているおじさんはモテない君ばかりだから、女子力不足の自分でももてあそぶ事ができるようになると思う…可能性は低いけど、カッコいい人がいるかも、中年太りとかは無理だけど、タイプだったら会いたいな。女性の半数以上がこのように考えています。
簡単に言えば、女性は男性の顔立ちの良さかお金が目当てですし、男性は「リーズナブルな女性」を目標にエロイプを役立てているのです。
どちらとも、できるだけお金をかけずにお買い物がしたくて出会いを願っているようなものです。
そんなこんなで、エロイプを用いていくほどに、男性は女を「品物」として見るようになり、女も自分自身を「売り物」としてみなすように変容してしまうのです。
エロイプの利用者の主張というのは、女性を確実に意志のない「物質」にしていくような危ない「考え方」なのです。

関連記事