たいていの警戒心があればそんな男性と一緒になんでありえないのにと予想外のことなのですがよく言えば清らかで疑い深い女性とは逆によくない人だと認識していてもその相手と一緒にいます。
いままでに複数の女性が暴力事件に引き込まれたり生命を奪われたりしているのにけれどもそのようなニユースから教訓を得ない女子たちは不穏な様子を受け流して相手の思いと通り従順になってしまうのです。
まえに述べたように彼女の身におきた「被害」は、大変な犯罪被害ですし、何の理由もなく法的に天罰を与えることができる「事件」です。
残念ことにエロイプに参加する女の人は、おかしなことに危機感がないようで、しっかりしていればすぐに妥当な機関に訴えるようなことも、変わりなく受け流してしまうのです。
結果的に、悪い人はこんな悪いことでもみつからないんだ承認して貰えるならどんどんやろう」と、相手も了解していると思ってエロイプを役立て続け、被害者を多くさせ続けるのです。
「黙って許す」と思うことは、辛抱強い響きがあるかもしれませんが、その思いこそが、犯罪者を増大させているということをまず容認しなければなりません。
被害を受けた折には一刻も早く、警察でも有料ではない相談できる所でもどうなるかに関係なくとにかく相談してみるべきなのです。

関連記事