エロイプの世界をずいぶんと利用する年代は、20代のフレッシュな若者だと言い表すことができます。
そうして、加えて40歳以上になると、エロイプの巡り合わせという幸せなイメージがなくなったり、利用法やそれ自体の情報を見出せなかったため、使おうという意欲や欲望がおきるわけがない、という男性の勢いがプラスされています。
このように、びっくりすることに六十代の利用者が多くなっており、一人の孤独を癒す為に手に取ってしまうご高齢なども素通りできないようになりました。
このようなわけで、千差万別の年代の人々がエロイプを使いこなしているのですが、二十代と六十代では、活用する理屈や事由がかなり違ってきます。
どういうことかというと、六十歳になった男性になると、女性と楽しい時間を過ごすというよりも、心のぽっかりと空いた穴を埋める為に、慰めを与えてくれる相手を心が欲しがってエロイプを利用するようになった男性が出現するようになりました。
分かっている人もいますが、「サクラに利用されている事実を気づきことを知っても寂しさとプライドで利用を続けてしまう」という男性利用者もいるなど誰にも分からないわけでずっと止められない人もいるのです。
世代や時代、年齢によって利用する筋合いは違いますが、漠然とした範囲の世代が、寂しさや苦しさなどの理由でエロイプにハマっています。
その後、こういったシチュエーションを変えるには、現在の状況を判断して、エロイプ自体の制裁を激化するしかやり方がないのです。

関連記事