今日は、エロイプならアクセスしている五人の女(三十代四人、十代一人)たちにインタビューを敢行しました。
メンツは、既婚者Aに、三股がまだばれていないギャル風のB、キャバクラ嬢として働くD、極めつけは、国立大に通うE。銀座にある反射療法のリフレクソロジーサロンの受付係C、
これは秘密ですが、三十路の女性五人に行いたかったんですが、ドタキャンが入ったために、急いで駅前で「エロイプについての取材に協力してもらえないか」と数十人の女性にトライして、いかがわしい声掛けにも即応じてくれた、十代のEさん含め五人に取材を敢行しました。
最初に、筆者が何か言う前に口火を切ったのは現在三股をかけているBさん。
B(三十代のギャル)「エロイプですが、「みなさんは何があって利用しだしたんですか?私はお金がほしくて今パパは三人です」
笑って語るBさんに、あとの女性もペースを奪われつつ自分の体験談を語り始めました。
A(既婚者)「私の場合は、ただ単に主人だけだと寂しくてアカウント取ったんですよ。親しい友人にもいけないことだって分かっているけど、エロイプはやめられないですね。」
B「一旦ハマると止まらないですよね」
筆者「お金が欲しくて出会い系をあさる女の人は大勢いる?」
B「他の使い方ってあります?」
Bさんの辛口コメントに反応して、ナイトワークをしているDさんが涼しい顔で、男にとって受け入れがたいことを明かしてくれました。

関連記事