先日取材拒否したのは、ちょうど、現役でゲリラマーケティングの契約社員をしていない五人の学生!
集結したのは、キャバクラで働いていたAさん、貧乏学生のBさん、自称芸術家のCさん、某芸能プロダクションに所属しているはずのDさん、お笑いタレントを目指すEさんの五人です。
筆者「では最初に、着手したキッカケから教えていただきましょう。Aさんから順にお話しください」
A(元メンキャバ就労者)「私は、女性心理が理解できると考え開始しました」
B(現役大学生)「俺様は、稼ぐことが重要ではないと思って辞めましたね」
C(アーチスト)「自分は、歌手をやってるんですけど、まだ素人同然なんでさっぱり稼げないんですよ。売れる為には大きな所でなくてもこつこつ下積みするのが一番なんで、、地味なバイトをやって、ひとまずアンダーグラウンドな遍歴を重ねようと思って」
D(某芸能プロダクション所属)「私は、○○って芸能事務所に入って芸術家を目指し励んでるんですが、一回のリサイタルでわずか500円しか貰えないんで…先輩に教えて貰ったサクラのバイトを仕方なくやってるんです」
E(コント芸人)「お察しの通り、私もDさんと近い感じで、1回のコントで数百円の侘しい生活してるんです。先輩に教えて貰って、ステルスマーケティングの仕事を開始することになりました」
驚くべきことに、五名中三名がタレントプロダクションに所属中という華々しいメンバーでした…、それなのに話を聞いてみずとも、五人にはサクラによくある仰天エピソードがあるようでした…。
「エロイプの方から頻繁にメールが届いた…何がいけないの?」と、ビックリした人もほとんどではないでしょうか。
筆者にも同様の体験はありますが、そういったメールが来るのは、アカウント登録したエロイプが、知らない間に数か所にまたがっている可能性があります。
このように考えるのは、エロイプの大部分は、サイトのプログラムで、他のサイトに登録されている情報を丸ごと別のサイトにも明かすからです。
当然、これはサイトユーザーのニーズがあったことではなく、全く知らないうちに流用されてしまう場合がほとんどなので、登録した方も、勝手が分からないうちに、いくつかのエロイプからわけの分からないメールが
それに、このようなケースの場合、退会すればそれで終わりだと隙だらけの人が多いのですが、サイトをやめたところで効果がありません。
とどのつまり、サイトをやめられず、他サイトに情報が流れ続けます。
アドレスを拒否リストに振り分けてもそれほど意味はありませんし、まだ送信可能なメールアドレスを用意してさらに迷惑メールを送ってくるだけです。
日に何百通もくるまでになった場合はためらわないで使っているメールアドレスをチェンジする以外にないので用心深く行動しましょう。

関連記事