この時は、エロイプのよく使うという五人の女性(十代一人、三十代四人)取材を敢行。
メンバーについては、既婚者であるAと、ギャル風の三股女B、ナイトワーカーをしているD、それから、国立大に在籍しているE。銀座にある反射療法のリフレクソロジーお店で受付を担当しているC、
これはこぼれ話ですが、三十代女性に絞って五人へのインタビューを予定していたんですが、今日になってキャンセルされたため、そのまま駅のところで「エロイプについてのインタビューをさせていただけないか」と何十人かの女性に呼び込みをして、怪しげなナンパにも快くOKしてくれた、十代のEさんを入れた五人を集めました。
一番に、筆者に先んじて、話し出したのは、現在3人の男性と関係を持っているBさん。
B(三十代のギャル)「エロイプを利用してるってことなんですけど、「みなさんはどんな目的でアカ取るんですか?私はお金目的で今は三人ATMがいます」
おもしろそうにとんでもないことを言うBさんに、他の4人も落ち着かない様子で自分の話を始めました。
結婚しているA「私に関しては、ただ単に夫以外と関係を持ちたくてきっかけですね。世間一般ではありえないことだって知ってるんですが、自分からネットで募集掛けてしまいます。」
B「ちょっと使うだけで何時間もやり取りしちゃいますよね」
筆者「お金目当てでエロイプに書き込む女性がほとんどなんですか?」
B「そうでなきゃどうするんですか?」
そして、キャバクラで稼ぐDさんがさらっと、男性サイドにはとてもシビアな暴露しました。

関連記事