エロイプと言うものは無くさないから問題になると当然だと思う人の方が特に目立つ筈なのですが出会いの場としてのコミュニティーはネットの世界から消え去るどころか増殖している傾向にあります。
そうした事から、まだインターネットの世界と言うものの怖さを見た事が無い子供たちは、平気でエロイプのサイトにアクセスし、迷い込んでそのままとんでもない被害者になってしまうのです。
年齢認証の必要や、掲示板の利用規約など、あらゆる形での制約があったとしても、まだまだインターネットワールドは、「小さな侵入者」を許してしまう世界を持ったままです。
出会い系と言う空間をインターネットから除外する為にはまずこの若い侵入者たちを発生させない事が先決です。
それを実現する為には、まずはエロイプそのものを利用出来ないようにシステムを整える事、そう言うしつけを徹底していく事が出会い系の駆除に繋がります。
最初から、インターネットの世界の恐ろしさについてを管理する人間が子供に教えていく事が常識的にならない限り、小さな子供は出会い系業者に騙され人生を誤る事になります。
そのような事が続けば、騙されているとは気づかない幼い子供が増加してしまえば、尚もって出会い系業者もその悪質な手口を利用するのです。
騙される幼い世代を消さない限り、出会い系を排除する事は出来ません。
「エロイプを利用している最中にしょっちゅうメールに届くようになってしまった…一体どういうこと!?」と、あわてた経験のある方も少なくないでしょう。
筆者にも同様の体験はありますが、そういったケースは、アカウント登録したエロイプが、どういうわけか分からないのですが数サイトにまたがっている可能性があります。
このように考えるのは、エロイプの大半は、機械のシステムで、他のサイトに登載された個人情報をそのまま別のサイトに転記しているのです。
明らかなことですが、これは利用する側の希望ではなく、知らない間に勝手に流用されてしまう場合がほとんどなので、登録した人も、仕組みが分からないうちに、数サイトからわけの分からないメールが
さらに言えば、自動登録の場合、退会すればいいだけと手続きをしようとする人が多いのですが、退会したところで、状況はよくなりません。
しまいには、退会に躍起になり、他の業者に情報が筒抜けです。
拒否リストに入れてもそれほど意味はありませんし、拒否された以外のメールアドレスを用意してさらに迷惑メールを送ってくるだけです。
日に数えきれないほど送ってくる場合は、思い切ってこれまでのアドレスを変更するしかないので用心深く行動しましょう。

関連記事