エロイプが利用されるというのは、知らない相手との出会いを希望しているものですよね。
その結果、アプリを使った事によって、それまでとは違う出会いを見つけることが色々と出てくるでしょう。
そうやって、素敵な女性とのやり取りが始まれば、最後は直接会う約束をしてデートも楽しみたいと思うものです。
もちろん、エロイプはこう思う人だけではなくなかなか出会う事ができない、と信じてしまっている場合もあります。
もしかしたら、エロイプを使う人で考えると、今のような状態になった男性の方が多数を占めている可能性があります。
男性の方がエロイプを利用する可能性が高いので、簡単なメールのやり取りに関してもいつまでも続けられるとは限らないのです。
そういった中でも上手な女性へのアピールが出来て、やっとの思いでメールの返信を貰った人が、出会いを手にしているものなのです。
どういったタイプの女性がエロイプの中には割合として多いのか、メールはいつ送ればいいのかなども確認しなければなりません。
どうしようもない部分が出会いでは関わってくるので、簡単に上手くいくとなるほど単純ではないのです。
そこで諦めるのではなくエロイプへの希望を捨てなければ、出会うチャンスを手にするような環境を作る事になるのです。
本当に女性と出会う事が上手くいったのであれば、次はどういったデートにするのか、どこか良さそうな場所がないか事前にしっかりと決めておきましょう。
問題のないデートが出来て女性から嫌われることがなければ、どんどんと関係が進んでいくでしょう。
エロイプですが、ハマっている人は頭の中はどのようになっているのか。
クエスチョンの答えを求めてそこで、ネットを介してインタビューする人を集め、とある喫茶店でインタビューを敢行しました。
呼んだのは、しょっちゅうエロイプへアクセスするか、といった感覚の男女五人。
男性の方は、会社員をしているA、離婚して子供を育てているB、新米ホストのC、女性メンバーを見ていくと、警備の仕事をしているD、駆け出しのグラドルEの2人です。
最初に、筆者から参加者全員に、アンケートを行って、その回答について、テーマに取り上げてインタビューに挑戦しました。
筆者「まずはですね、アンケートの紙にこれまでエロイプにアクセスしてきた中で関わった男性が、相当いるというEさんに聞いていきたいんですが、どんなプロセスがあって不特定多数の男性と出会ったんですか?
E(グラビアアイドルの卵)「わたしの使い方ですが、毎日別の相手とメッセージのやり取りを始めるんです」
筆者「別の相手って言いますが、次の日は相手も二度と関わらないんですか?」
E「一回でいいでしょう。あとは、この人以外でももっとイケメンいると思うとメールも無視。あっちから連絡来てもエロイプのなかにはたくさん男はいるって思って2回目はいいかなって」
ちょっと考えられないEさんの言動に「ストーカーにあったりしないのか」と圧倒されるCさん、Dさん。
その後、Aさんがインパクトの強い体験を筆者に語りだしました。

関連記事