インターネットサイトの仕組みをたまらなく利用する年代は、学生から社会人になりたての20代や30代だと感じる部分があります。
加えて、40代以降になると、エロイプを利用するというドキドキ・ハラハラの感覚がなくなったり、使用方法や存在方法の情報を書き出せなかったため、使おうとした魅力が、おきるわけがない、という考えが増加しています。
以前の話を参考にすると、思いのほかに六十代の出会いを求める人が多くなっており、寂しくてたまらない気持ちを癒す為に使ってしまうご老体などもけっこう多いです。
こんなように、千差万別の年代の人々がエロイプを生活の中に取り入れているのですが、二十代と六十代では、利用する正当化できると考える理由一緒でない考えになっています。
1つの考えとして、六十歳を超えた年齢の男性になると、女性とデートするよりも埋めようのない空白の心を癒す理由で、慰めを与えてくれる相手を心が欲しがってエロイプを生活の一部にするようになった男性が凄まじい勢いで増えています。
この手の人には、「自作自演する人に騙されていることを自分で考えてしまっても、孤独な生活に恐れ利用を続けている」という一人ぼっちが怖い男性もいるなど正当化できない考えで、使い続けるしかない人もいるのです。
その人の年齢によって利用する根拠は違いますが、広大な年齢の世代が、種類がたくさんある理由でエロイプにどっぷり漬かっています。
ないし、こういった前後関係を変えるには、現在の状況を判断して、エロイプ自体のルールを激化いくしか筋道がないのです。
D(キャバクラで働く)「ブランドのカバンとか気前のいい人多いですよ。わたしなんて他の人にも同様の誕生日プレゼントお願いして1個以外はほかはオークションに出してるよ」
筆者「マジですか?もらったのに質に出すんですか?」
D(ホステス)「それでも他の人も売ってますよね?単にコレクションしても案外場所取るし、高く売らないと、売り払った方がメーカーだってうれしいでしょ?」
E(十代、国立大の女子大生)悪いけど、Dさん同様、私も現金化するタイプです。」
C(銀座のサロンで受付をしている)ネットの出会いで複数のお金を巻き上げられているんですね…私は今までプレゼントなんてもらいませんでした」
筆者「Cさんの体験を聞きたいです。ネットの出会いでどのような男性とメッセージのやり取りをしたんですか?
C「高級ディナーに連れて行ってもらった男性とは関わっていないですね。多くの場合、気持ち悪い系でセックスが目的でした。わたしなんですが、出会い系でもこの人はどうかなってメッセージ送ったりしてたのにいきなり求められるのは不愉快でした」
筆者「エロイプではどんな出会いを出会いたいんですか?
C「夢を見るなって言われそうですけど、医師免許のある人とか弁護士の方とか国立大在学中の出来のいい人を探しています。
E(国立大の学生)わたしも、今国立大で勉強中ですけど、エロイプの中にも優秀な人がいないわけではないです。それでも、根暗なイメージです。」
エロイプの特徴として、オタクをネガティブな印象のある女性はなんとなく大多数を占めているようです。
クールジャパンといって親しんでいるように見られがちな日本でもまだ個人の好みとして認知はされていないとないのではないでしょうか。

関連記事