以前紹介した記事には、「エロイプの中で見つけた相手と、一応会ってみたら犯罪者だと分かった」となった女性について話題にしましたが、驚くことにこの女性は、その男性と別れずに付き合ってしまったのです。
その女性としては、「男性がやくざにしか見えず、断るとどうなるか分からずどうすればいいか分からなかった」との話でしたが、もっと詳しい話を聞くうちに、惹かれる所もあったからついて行くことを選んだようなのです。
どのような犯罪を彼が犯していたかというと、刃渡りも結構長い刃物を使って肉親である親を刺したという事だったそうで、危ないと感じる事があるだろうと多くの人は考えるでしょうが、話した感じではそういった部分がなく、愛想なども良かったものですから、注意するほどではないと思って、交際が始まっていったという話なのです。
そのまま上手く関係が続いたかというと、気が付くと不審な行動をしているときがあったので、黙ったまま何も言わずに出て行き、関わりを無くすことにしたと言うことでした。
同じ部屋で過ごすということが既に常にナーバスになっていたので、それまで一緒に生活していた場所から、自分勝手だと思われてもいいので出ていくことだけ考えていたと話していましたが、どうも何も無いがただ怖かったという部分も確かにあったようですが、普通に話し合おうと思っても、すぐに力に任せるなど、暴力でどうにかしようという態度をとる事があったから、次第に必要ならお金まで渡し、他の要求も断ることをせず、しばらくは生活をしていったのです。
ライター「もしかすると、芸能界を目指すにあたって下積み中の人って、サクラを収入としている人が多く見受けられるのでしょうか?」
E(某芸能人)「そうだと思います。サクラでお金を手に入れるって、シフト融通が利くし、私たしみたいな、急にお呼びがかかるような生活の人種にはどんぴしゃりなんですよ。不規則な空時間にできるし、なかなかできない経験の一つになるし…」
C(某アーティスト)「良い経験にはなるよね、女のキャラクター作るのは簡単じゃないけどこちらは男の気持ちがわかるから自分が言ってほしいことを相手に言えばいい訳だし、男の心理はお見通しだから、相手もころっと飛びついてくるんですよね」
A(メンキャバ勤務の男性)「かえって、女の子でサクラの人は男の心理がわかってないから正直下手っすよね」
筆者「女性のサクラよりも、男性のサクラの方がもっと向いているのですか?」
D(芸能に事務所所属の一人)「えぇ、そうですね。優れた成績を残しているのは大体男性です。だけど、僕は女性の人格を演じるのが上手くないので、いつも目くじらを立てられてます…」
E(某有名芸人)「最初から、ほら吹きが成功する世の中ですね…。女性になりきるのが思ったより大変で…僕なんかも苦労してます」
筆者「女性になりきって作っていくのも、かなり苦労するんですね…」
女性キャラクターである人のどうやってだましとおすかのトークで盛り上がる彼ら。
その途中で、ある発言をきっかけとして、自称アーティストだというCさんに注意が集まったのです。

関連記事