気軽に出会えるサイトを使っている人達に問いかけてみると、大多数の人は、孤独に耐え切れず、一瞬の関係が築ければそれで構わないと言う気持ちでエロイプを使用しています。
つまるところ、キャバクラに行くお金を使うのがイヤで、風俗にかける料金もケチりたいから、料金が必要ないエロイプで、「乗ってきた」女の子でお得に済ませよう、と捉える中年男性がエロイプを使用しているのです。
片や、「女子」サイドはまったく異なる考え方を押し隠しています。
「熟年男性でもいいから、お金持ちで料理ができる人を彼氏にしたい。エロイプをやっているおじさんはモテない君ばかりだから、平均くらいの女性でも思い通りにコントロールできるようになると思う…ひょっとしたら、カッコいい人がいるかも、おじさんは無理だけど、タイプだったら付き合いたいな。女性は皆、このように考えています。
簡単に言えば、女性は男性の見てくれか金銭がターゲットですし、男性は「リーズナブルな女性」を求めてエロイプを用いているのです。
双方とも、安くお買い物がしたくて出会いたがっているようなものです。
そのように、エロイプを運用していくほどに、おじさんたちは女を「売り物」として捉えるようになり、女達もそんな己を「品物」として取りあつかうように変容してしまうのです。
エロイプにはまった人の所見というのは、女性をじわじわと人間から「物」にしていくような異常な「考え方」なのです。

関連記事