E「もうね、見たまんまオカマなんでね、出会いっていってもあんまりなくって。セクマイだから、自分からエロイプをやりこんでみないと」
B(せどりで儲けようと野心を燃やす)「Eさんのおかげで思い返してみたら」
筆者「ええ、どうかしたんですか?」
「僕の経験なんですが、これっきりでしたが、待ち合わせ場所でオカマが待っていたパターン記憶にあります」
混乱するアンケート回答者。
A「俺も経験ある」
B「本当に会ったんですか?僕はレアケースかと。匿名で使えるので、確かに、異性との出会いを期待してアカウント登録したんですけど、集合時間決めて合流してみたら、すごいデカくてガチムチ系の男がいてどうしていいかわからなくて棒立ちになって見てたら、向こうからサイトで会った○○さんですか?ユミですって呼び止められてね」
筆者「騙された…という言い回しは気を悪くしないか心配ですが、女性以外だったとか、会ってみたら全然別人だったという人、このメンバーではどのくらいいますか?」
挙手を求めると、驚いたことに四人のうち三人も同様の失敗をしたと自白してくれました。
筆者「エロイプのなかには、女性を演じるセクシャルマイノリティーがたくさん出会いを求めているんですか?」
E「そうなのよ。自分から行動しないと出会いなんてなかなかないし、性別を偽ってでもいい人を探す。わたしたちも出会いは欲しいから」
特にアクの強い五人が揃い、しばらく、ディベート合戦が続きました。
エロイプをのぞいてみると、同性同士の出会いを求める動きが性の多様性を求める動きの中で増加中のようです。

関連記事