エロイプで法に反する行為にも、多種多様となっていますが、言うまでもなく若い女性を利用した犯罪行為は、法の裁きもより大きくなるのです。
サイトを通じて交友した男女が懲役を喰らってしまうのを、周囲の会話で情報が入ってくることもあるでしょうし、未成年への許すまじ凶悪犯罪の目にしたという人も少なくないと思います。
大前提として、いろんなエロイプで悪用されていたことが、警察が素早く察知できてしまうことにびっくりした人も案外多いかもしれません。
当たり前ですが、個人情報を管理することは職権乱用にもなりかねないのですが、警察は安全性を最優先にしつつ、普段からエロイプにおける闇取引の情報などを十分にチェックしているのです。
付け加えるとすれば、見た目は出会い系利用者の名目で、悪質者を探し続ける者が、この情報社会ではどこにでも存在しているのです。
その後、パトロールしていたエロイプで犯罪を行った者を見出したのなら、プロバイダからの協力の元、当事者を判断することができたのなら、無事に犯罪者は御用となるのです。
「そうだとすれば、ちょっとした不注意で警察に知られてしまうの?」と嫌な気分になるかもしれませんが、警察は権限の範囲内であくまでも凶悪な犯罪者ですから、警察の目に留まることもありませんし、あまり気にする必要はないのです。
ライター「もしかして、芸能の世界で下積みをしている人ってサクラを同時に行っている人が大勢いるのでしょうか?」
E(芸人の一人)「そうだと言いますね。サクラの役って、シフト他ではみない自由さだし、我々のような、急にオファーがきたりするような生活の人には最高なんですよ。予測不能の空き時間を利用できるし、一風変わった経験の一つになるし…」
C(とあるアーティスト)「一つの経験になるよね、女としてやり取りをするのは骨が折れるけど自分は男目線だから、自分が言われたいことを相手に送ればいい訳だし、男の気持ちがわかるわけだから、相手も容易に引っかかりやすいんですよね」
A(メンキャバ勤めの男)「意外にも、女性でサクラの人は男性の心理がわかってないからぶっちゃけ上手ではないっすよね」
筆者「女の子のサクラより、男性のサクラが適しているのですか?」
D(芸能事務所所属の一人)「はい、そうですね。より良い成績を残しているのは大体男性です。しかしながら、僕は女性の役を作るのが下手っぴなんで、いつもこっぴどく叱られてます…」
E(芸人事務所の一員)「言うまでもなく、ほら吹きがのし上がる世界ですからね…。女性になりきるのが想像以上に大変で…俺も骨を折っているんです」
ライター「女キャラクターを成りきり続けるのも、想像以上に苦労するんですね…」
女の人格の作り方に関してのトークで盛り上がる一同。
その中で、あるコメントをきっかけとして、自称アーティストのCさんへの好奇心が集まりました。

関連記事