D(キャバクラ在籍)「有名ブランドのバッグなんて頼んだらちょろくないですか?あたしもそうなんだけど、5、6人に同じやつ贈ってもらって自分のプレゼントと現金にするやつに仕分けするよ」
筆者「マジですか?もらい物なのに現金に換えるんですか?」
D(ホステス)「てゆうか、ふつうはそうでしょう?取っておいてもホコリ被るだけだし、流行が廃れないうちに欲しい人に買ってもらった方がメーカーだってうれしいでしょ?」
E(十代、学生)すみませんが、わたしなんですが、オークションに出品しますね。」
C(銀座サロン受付)ネットの出会いで何万円もお金が手に入るんですね…私はこれまでプレゼントもらったことないです」
筆者「Cさんの使い方は違うみたいですね。エロイプではどのような人と会ってきましたか?
C「お金をくれる男性とは関わっていないですね。共通してるのは、プロフ盛ってる系でおしゃべりなんて問題じゃないんです。わたしはというと、エロイプのプロフを見ながら恋人探しの場として待ち合わせしたのに体目当ては困りますね」
筆者「エロイプを利用して、どういう相手を知り合いたいんですか?
C「目標を言えば、しれないですけど、医師の方とか弁護士の方とか国立大いるような出世しそうな人が好きです。
E(国立大の学生)わたしは、今は国立大にいますが、エロイプの中にもエリートがまざっています。ただ、恋愛とは縁がない。」
インタビューを通じて判明したのは、オタク系に敬遠する女性はどことなく優勢のようです。
アニメやマンガにも抵抗がなくなってきている感じられる国内でも、まだ一般の人には受入れがたい育っていないようです。

関連記事