エロイプ自体は無くなった方が良いと当然であると思っている人の数がかなり多い筈なのですがエロイプそのものはインターネットの世界から抹消されるどころかその数は増加し続けている傾向にあります。
そうした事から、まだインターネットの中身の怖さを味わった事が無い子供たちは、簡単にエロイプにアクセスし迷い込んでそのまま命にも関わる被害者になってしまう事もあるのです。
年齢認証の規制や、掲示板利用の年齢制限など、いろいろな制約があったとしても、まだネットの業界は、「若い侵入者」を許してしまう状況を維持したままです。
出会い系と言うものをネットから切り捨てる為にはまずこの小さな侵入者たちを発生させない事を考えなければなりません。
それをするにはまずはエロイプの利用させないように工夫する事、そう言う指導を大人がしてくことがエロイプの駆除に繋がります。
基本的に、ネットの世界の本当の怖さを親世代が子供たちに指導する事が当然の事にならない限り、未熟な世代はエロイプ業者に騙され人生を誤る事になります。
そのあと、騙されているとは理解出来ない子供が増えてしまえば、また一層出会い系業者もその悪質な手口を拡大させるのです。
騙されてしまう若い世代を消さない限り、エロイプを排除する事は出来ません。
アダルティな出会いのサイトをたまらなく利用する年代は、学生から社会人になりたての20代や30代だと世間は思っています。
そうして、40歳以上の年齢に達すると、エロイプを働かせるという心弾む感じがなくなったり、コントロール方法やサイト自体の情報を心づけ無かったため、使おうとした思惑が、おきる証拠がない、という男性が増幅しています。
またしても、心外にも六十代の利用者が多くなっており、孤高の時間を癒す為に使ってしまうご老体なども並大抵の数ではなくなりました。
ご覧のとおりに、盛りだくさんの年代の人々がエロイプを応用しているのですが、齢が異なると、利用する道理や理屈が大きく違ってきます。
どういうことかというと、齢六十歳以上の年になった男性は、女性を求めるのとは違う、孤独な感じを意識しない為に、自分と相手を和ませてくれる存在を発見するためにエロイプを手放せないようになった男性が発見するようになりました。
全部ではなく、一部の人は、「サクラに巻き上げられていることをうすうす感づいていても精神安定の必要上やめられない」という出会い系にどっぷりハマった人もいるなど人にはわからない理屈でやめたくてもやめられない人もいるのです。
利用者の年齢活用する意味合いは違いますが、広い範囲の世代が、取り取りな理由でエロイプに依存してしまっています。
併せて、こういった間違った気持ちを変えるには、その時点では、エロイプ自体の規制を一段と強めていくしか手立てがないのです。

関連記事