この時は、エロイプは男をあさる五人の女性(十代~三十代)を取材を行いました。
今日来てくれたのは、結婚指輪が光るA、3人と並行して付き合っているギャル風のB、水商売をしているD、5人目は、大学生のE。銀座にある反射療法のリフレクソロジーサロン受付担当のC、
本当のところ、三十路の女性五人へのインタビューを予定していたんですが、直前になってキャンセルを食らい、早々と駅前で「エロイプに関する取材に同行してほしい」と何十人か女性に声掛けをして、ナンパみたいな呼びかけにもひるまず対応してくれた、十代のEさんを加えた五人を迎えました。
最初に、筆者よりも先に語ってくれたのは、三股に成功したBさん。
B(三十代のギャル)「エロイプについては、「みなさんはどうしてアカ取るんですか?私はパパ目当てで今は三人から援助してもらってます」
愉快そうにおしゃべりが止まらないBさんに、Aさんら4人もペースを奪われつつ自分の話を始めました。
A(既婚者)「私については、ただ単に浮気に興味があって始めちゃいました。倫理観からいったら、誰にも言えませんがやっぱりエロイプは利用する。」
B「利用しだしたらずっと使いますよね」
筆者「パパになってくれる人を求めてエロイプを利用する女性が多いんでしょうか?」
B「それ以外で目的あります?
それから、キャバクラ嬢をしているDさんが急に、男性の驚愕の真実を発言をしました。

関連記事