今週インタビューできたのは、ズバリ、現役でステルスマーケティングのパートをしていない五人のフリーター!
欠席したのは、メンキャバで働くAさん、貧乏学生のBさん、売れっ子クリエイターのCさん、某音楽プロダクションに所属しているはずのDさん、コメディアンを目指すEさんの五人です。
筆者「では始めに、辞めたキッカケから質問していきましょう。Aさんからお話しください」
A(元メンキャバキャスト)「小生は、女性心理がわかると思い気がついたら辞めていました」
B(元大学生)「おいらは、稼ぐことが重要ではないと思いながら始めましたね」
C(音楽家)「うちは、歌手をやってるんですけど、まだ新米なんで丸っきり稼げないんですよ。一流になる為には詰らないことでも着々と下積みしなきゃいけないんで、こんな仕事やりたくないのですが、とにかくアンダーグラウンドな経験を蓄積しようと思って」
D(音楽プロダクション所属)「小生は、○○って芸能事務所にてダンサーを育てるべく奮闘しているのですが、一回のステージで500円だけしか頂けないんで…先輩に教えて貰ったサクラのバイトをやっていたんです」
E(お笑い芸人)「実際は、うちもDさんと相似しているんですが、コントやって一回ほんの数百円の贅沢とは言えない生活してるんです。先輩が紹介してくださって、ステマのアルバイトをすることを決心しました」
たまげたことに、メンバー五名のうち三名が芸能プロダクションに所属しているという贅沢なメンバーでした…、だがしかし話を聞いてみずとも、五人にはステマ特有の心労があるようでした…。

関連記事