不信感が世間並みにあればそんな男性に惹かれない筈なのにと考えられないところなのですがいい言い方をすれば正直でだれでも信じる女の子の彼女たちは不真面目な相手だと察してもその相手の言いなりになってしまいます。
かつて女性が何人も暴力事件に引き込まれたり惨殺されたりしているのににもかかわらずそんな風なニュースから教訓を得ない女子たちは嫌な空気を受け流して相手に流されて抵抗できなくなってしまうのです。
過去の彼女の対象となった「被害」は、だれがなんと言おうと犯罪被害ですし、間違いなく法的に罪を償わせることができる「事件」です。
それでもなおエロイプに行く女の人は、ともあれ危機感がないようで、当たり前であればすぐに妥当な機関に訴えるようなことも、さらりと受け流していしまうのです。
結果的に、不法行為を行った者はこんな悪いことでもみつからないんだ同意して貰えるならどんどんやろう」と、有頂天になってエロイプを有効利用し続け、犠牲者を増やし続けるのです。
「黙って許す」と思うことは、我慢強い響きがあるかもしれませんが、その思いこそが、犯罪者をいい気にさせているということを理解する必要があります。
被害を受けた時点で直ちに、警察でも費用は一切なしで相談できる窓口でもどうなるかに関係なくまず第一に相談してみるべきなのです。

関連記事