エロイプの世界を至って利用する年代は、まだまだ未熟な20代・30代頃だと世間は思っています。
そうして、もう若くないと感じる40歳以降の年齢に達すると、知らない人と男女の関係になるという喜びを感じなくなったり、用途や存在理由の情報を見出せなかったため、使おうとした意志が、おきる理由がない、という男性が増幅しています。
視点を変えると、突然ですが六十代のベテランが多くなっており、寂しくてたまらない気持ちを癒す為に使い出すご高齢なども出現するようになりました。
こういうふうに、同一でない年代の人たちがエロイプを使いこなしているのですが、その時代の考えによって利用するベースや考えがものすごく違っています。
1つの考えとして、六十歳を超えた年齢の男性になると、性的欲求を満たすというより、ひとりぼっちの時間をなんとかする為に、自分と相手を和ませてくれる存在を探究心に従ってエロイプを使い始めるようになった男性が見つけるようになりました。
この種の人には、「サクラに丸め込まれていることを自分で考えてしまっても、孤独な生活に恐れ利用を続けている」という男性利用者もいるなど人にはわからない理屈で自分ではどうすることもできない人もいるのです。
その歳によって活用する引き金は違いますが、漠然とした範囲の世代が、寂しさや苦しさなどの理由でエロイプに依存してしまっています。
前と同じ、こういったあり方を変えるには、現在のフェーズでは、エロイプ自体のルールを増強していくしか手法がないのです。

関連記事