お昼にインタビューを失敗したのは、言うなら、以前よりサクラのパートをしていない五人の男!
出席したのは、昼キャバで働くAさん、この春から大学進学したBさん、自称芸術家のCさん、某音楽プロダクションに所属したいというDさん、芸人になることを夢見るEさんの五人です。
筆者「では先に、辞めたキッカケから聞いていきたいと思います。Aさん以外の方からお願いします」
A(元昼キャバ勤務)「ボクは、女性の気持ちが理解できると考え始めたらいいかなと思いました」
B(就活中の大学生)「ボクは、稼がないと意味がないと考える間もなく始めましたね」
C(芸術家)「小生は、ロックミュージシャンをやってるんですけど、まだ未熟者なんでそこそこしか稼げないんですよ。大物になる為には身近な所から徐々に下積みしなきゃいけないんで、こういう仕事をやって、当面の間アンダーグラウンドな経験値を得ようと思って」
D(音楽プロダクション所属)「おいらは、○○ってタレント事務所でダンサーを目指してがんばってるんですが、一度のライブで500円しか入らないんで…先輩に紹介していただきサクラのバイトを嫌々やってるんです」
E(お笑いタレント)「実際のところ、うちもDさんと近い状況で、コントやって一回多くて数百円の貧乏生活してるんです。先輩が教えてくださって、ステマのアルバイトを開始することになりました」
よりによって、五人のうち三人が芸能プロダクションに未所属という贅沢なメンバーでした…、それなのに話を聞いてみたところ、五人にはサクラによくある悲しいエピソードがあるようでした…。
エロイプを活用する目的は各自違うでしょう。
大部分の人は遊び相手が欲しいとか肉体関係が欲しいとかそういった使い道なようです。
しかしただこの割合が沢山というだけで、みんながみんなそういった理由になっていないということは取り落としてはいけません。
こういった遊びが意図以外にも目的は種々あるのです。
中には確かなお付き合いをしたいとか、一途な恋愛がしたいと思って参入して相手に応募している人もいます。
あと容易いメル友を要望にしているという人もいます。
また先々には婚儀までできればと本当に一心に相手にアプローチしている人もいるでしょう。
登記する人によってはその希望は全然違ってきますので、いいなと感覚がある人に対してメールを送るときには、その辺りもきちんと考えていく必要があるでしょう。
ふと相手の気に障るような赤裸々な話をしていっては、相手が不快な思いをするかもしれません。
まず相手のことが全く分からないコミュニケーション段階なら、とりあえず一般的な入り方をしていくよう整えておきましょう。
まあ昔からの心象でエロイプというのは、気晴らしがメインで真剣な利用者は少ないと思っている人も多量にいます。
しかし方今のエロイプは移り変わってきているのです。
とりあえず礼法というのは失念しないようにしてください。
自分の希望を伝えるだけでなく、相手のことも配慮できるような気持ちがどことなく良さそうと思われるようになっていくのです。
まず常識があるやり取りをしていくことで、相手も悪いイメージを受けることはほぼ無いと断言できます。
そういうアプローチをしてリプライが来なかったとしても、「メールなんで無視してるの?」なんて大量に送るのはいけません。

関連記事