エロイプでの問題行為もそれぞれ違ったやり方がありますが、その中でも子供への悲しい事件であり、とても重い罰を科してしているです。
エロイプでアポを取った男女が書類送検されるのを、映像を通じて目にすることもありますし、15~6歳ぐらいの女性への悪質な加害行為がピックアップされているのを読んだという人も結構いるのかもしれません。
そうは言っても、こういう不特定多数が利用するところで密談されていたことが、警察に簡単に突き止められてしまうことに驚いた人も少ないながらいるかもしれません。
誰でも知っていることですが、個人情報の安易な利用は慎重に扱わないといけないのですが、警察は極力リスクを抑えつつ、24時間体制でエロイプを監視し、法律に違反する行為がないかどうかをしっかりと注視しているのです。
これ以外にも、表向きではあたかも他の人と同じようにエロイプに登録をし、凶悪事件を見張り続ける者が、治安維持を守るために全く珍しくないのです。
そこから先は、警戒を続けているエロイプで売春行為などを嗅ぎ出したのであれば、IDなどの情報で犯人を絞込み、確証を得たのであれば解決へと導くのです。
「でも何だか、悪いことをしていないのに警察が監視しているの?」と恐怖を覚える人もいるかもしれませんが、警察も最初から全ての情報を把握できるわけではなく、サイト内をパトロールして、ネットの安全確保ために、精力的に巡視を続けているわけです。

関連記事