たいていの警戒心があればそんな男性とは出会うことはないのにと想定外のことなのですがよく言えば清らかでだれでも信じる女の子の彼女たちは間違った相手だと分かっていてもその相手と一緒にいます。
かつて女性が何人も暴力事件の影響を受けたり惨殺されたりしているのにところがこんなニュースから教えを得ない女性たちは混乱する気持ちを受け流して相手のいいなり従順になってしまうのです。
まえに述べたように彼女の食らった「被害」は、誰に聞いても犯罪被害ですし、何の理由もなく法的に制裁することがきる「事件」です。
ですがエロイプに行く女の人は、おかしなことに危機感がないようで、人並みであればすぐにあてはまる機関に訴えるようなことも、何もしないで受け流してしまうのです。
その結果、加害者はこれだけ悪いことをしてもバレないんだ、免じてもらえるならどんどんやろう」と、すっかりその気になってエロイプを有効利用し続け、犠牲者が増え頻発するのです。
「黙って許す」と発すれば、心が広い響きがあるかもしれませんが、その素行こそが、犯罪者を増進させているということをまず見つめなければなりません。
被害を受けたその時はすぐに、警察でも無料で話しをきいてくれる窓口でもよくもわるくもまず第一に相談してみるべきなのです。
Webサイトを出会いの場として使う人々にお話を伺うと、ほぼ全員が、人肌恋しいと言うだけで、つかの間の関係が築ければ構わないと言う捉え方でエロイプをチョイスしています。
言ってしまえば、キャバクラに行く料金をケチりたくて、風俗にかける料金もかけたくないから、料金がかからないエロイプで、「釣れた」女性で安価に済ませよう、と思いついた中年男性がエロイプにはまっているのです。
その傍ら、女の子達は異なった考え方を包み隠しています。
「相手とすごく年齢が離れていてもいいから、料理ができてお金がある人を彼氏にしたい。エロイプをやっているおじさんは皆そろってモテないような人だから、中の下程度の女性でも意のままにできるようになるに決まってる!可能性は低いけど、カッコいい人がいるかも、バーコード頭とかは無理だけど、顔次第では会いたいな。女性の8割以上はこのように考えています。
噛み砕いて言うと、女性は男性が魅力的であること、または金銭がターゲットですし、男性は「低コストな女性」をゲットするためにエロイプを適用しているのです。
どっちも、できるだけお金をかけずにお買い物がしたくて出会いたがっているようなものです。
そんな感じで、エロイプを使用していくほどに、男は女を「売り物」として捉えるようになり、女達も自分自身を「品物」として取りあつかうように変化してしまうのです。
エロイプにはまった人の感じ方というのは、徐々に女を人間から「物体」にしていくような危ない「考え方」なのです。

関連記事