エロイプを見ない日がないというような人はざっくりでいえば、孤独な人間であることに違いはなく、相手に関してはまったく、人間関係を築くということに興味を持つことができないという諦観的な見方をしています。
いつもエロイプを使っている人に関しては、恋愛の前にそもそも、誰からも愛情を受けてこなかったり、普通の友人関係すらも築くに至れないようなタイプの人が多いといえます。
そのタイプの人については、別の視点から見ると、特に変なところもないように見え、別に不安も感じていないように感じてしまうところなのですが、実情はもっと複雑なようです。
人間関係それそのものを恐れるところからはじまり、それが家族であっても、友達になって関係を持つことも、同僚とも、異性との関係も、長く続けようともせず、そんな経験を持っているために無意識のうちに異性への興味をなくしている、というようなタイプの人が相当数いるのです。
彼らのような考えの人たちが感じる中では、エロイプの中という場所は相当楽でいられるところです。
サイトを介して得た関係は、たいていの場合長くは続かないのが当たり前だからです。
ほぼすべてが、すぐに終わってしまう関係しか持つことができないので、新たな面倒も起こらず、最初に考えていたことだけ終わればそこから何かを求めることもありません。
エロイプから異性に集中して回りが見えなくなる人は、一般的な人間関係の形成を遠いところにあるものと考えている人で、自分以外を信用できるようになれば、エロイプとの距離は離れていく人が多いのだそうです。

関連記事