筆者「はじめに、あなたたちがエロイプを利用して女性と会うようになったいきさつを全員に聞きたいと思います。
取材に応じてくれたのは、高校を中退してからは五年間自宅警備の仕事をしてきたというA、「せどり」で生活費を稼ごうと頑張っているB、小さなプロダクションで指導を受けつつ、アクション俳優志望のC、エロイプのすべてを知り尽くしたと自信たっぷりの、街頭でティッシュを配るD、五人目は、新宿二丁目で働くニューハーフのE。
みんな二十歳以上に十五歳以下のメンバーを集めました。
A(自宅パトロール中)「俺はずっとパソコンばっかりしてて、ネットにつながっていたら、すごくルックスのいい子がいて、相手の方からメールをくれたんです。その次に、あるサイトに会員登録したら、直接コンタクト取ろうって話だったので、登録しましたね。それっきりその子から連絡が来なくなったんですよ。それでも、他にも可愛い人出会いはあったので」
B(転売に挑戦中)「使いだしたころはやっぱり、自分もメールアドレスが欲しくて。見た目で惹かれてタイプでしたね。親しくなりたいと思って、アカウントゲットしました。そのサイトっていうのは、機械とか業者のパターンが多くて会えたこともあったので、そのままちゃんと使い続けています。
C(俳優になる訓練中)「私はですね、演技の幅を広げようと思って使うようになったんです。エロイプで深みにはまっていく役をもらったんですが、私も浸っています。
D(パート)「僕はですね、友人で使っている人がいて、関係でどんどんハマっていきました」
加えて、トリを飾るのがEさん。
この人についてですが、他の方と大分違っているので、ハッキリ言って1人だけ特殊でしたね。

関連記事