D(キャバ嬢)「有名ブランドのバッグなんてちょうだいって言ったら簡単じゃないですか?わたしとかは、他の人にも同じプレゼントを頼んで1個以外はほかはオークションに出してるよ」
筆者「本当に?贈り物現金に換えるんですか?」
D(キャバクラで働く)「びっくりしてるけど全部取っとく人なんていないです。飾ってたって宝の持ち腐れだし、流行っている時期にバンバン使われたほうがバッグだってうれしいっしょ」
国立大に通う十代E悪いけど、わたしなんですが、売っちゃいますね」
C(銀座のサロンで受付担当)「エロイプを通じてそういったことが起きていたんですね…私は一回もお金に換えたりとかはないです」
筆者「Cさんの使い方は違うみたいですね。エロイプではどのような異性が会ってきましたか?
C「お金をくれる連れて行ってもらってないです。多くの場合、プロフ盛ってる系でタダマンが目的でした。わたしの場合、エロイプは怪しいイメージも強いですが、恋人探しの場としてメールとかしてたのでさんざんな結果になりました」
筆者「エロイプではどういう相手を出会いたいんですか?
C「何言ってるんだって言えば、医療関係者とか弁護士の方とか国立大在学中の高給取りか将来稼ぎそうな人がいいです。
E(国立大に在籍中)わたしは、国立大で勉強していますが、エロイプの中にもプーばかりでもないです。ただ、大抵はパッとしないんですよ。」
インタビューを通じて判明したのは、オタク系に偏見のある女性はなんとなく人数が多いみたいです。
アニメやマンガが広まっている見られがちな日本でもまだ一般の人には認知はされていないとないのではないでしょうか。
筆者「では、5人がエロイプに女性を探すようになったきっかけを順番に言ってください」
顔ぶれは、高校を中退してからは五年間自宅にこもってきたA、「せどり」で十分な収入を得ようと頑張っているB、小さな芸能プロダクションでレッスンを受けてゆくゆくはアクション俳優になるというC、エロイプなら何でもござれと自信たっぷりの、ティッシュを配っているD、ほかに、新宿二丁目で働くニューハーフのE。
みんな二十代の前半です。
A(普段は自室から出ない)「今は自宅の警備しかしていないんですが、ネットしてたらすごくルックスのいい子がいて、女の子の方から連絡をくれたんですよ。その後、あるサイトに登録したら、携帯のメール送っていいって言われてID登録しました。それからはメールの返事がこなくなったんです。言うても、他の女性とは何人か出会いはあったので」
B(転売に挑戦中)「ID登録してスグは、自分も直メしたくて。女優みたいなルックスの人いて、ストライクゾーンばっちりでした。仲良くなりたいからサイト登録してそのサイトの場合、サクラの多さで話題のところだったんですけど、なかにはちゃんと女性ユーザーもいたので、今でも使い続けています。
C(アクション俳優を目指す)「私に関してですが、役の引き出しをつくるのにいいかとアカウントを取りました。エロイプがさんざん悪用する役をもらって、以降ですね」
D(アルバイト)「僕については、友人でハマっている人がいて、お前もやってみろって言われているうちにいつの間にか
そうして、5人目のEさん。
この人については、オカマですので、正直なところ一人だけ蚊帳の外でしたね。

関連記事