エロイプを使ってばかりなという人の傾向は、毎日寂しいと思っていて、相手にも自分にすらも、人間関係を得ることに関して価値がないと思ってしまっているという冷めた考え方で他人と接しているのです。
本当にエロイプサイトをいつも使っているという人は、そもそも恋愛というよりも、親の愛情が欠けたまま育っていたり、正常な友人関係すらもまず維持できないというタイプがほとんどなのです。
そういう人たちといえば、当事者以外が見ると、退屈な人物といえますし、特に何かに悩んでいるわけでもないように見えてしまいがちですが、本当のところは違うようです。
誰かとの関係を恐れる気持ちのほうが強く、家庭の内部での関係も、友達同士という関係であっても、同僚とも、恋愛という意味での人間関係も、続けることができずに、自分の過去の行いから異性に興味を持ってはいけないと思っている、というようなタイプの人が大半を占めているのです。
そういう考えを持つに至った人の視点から見ると、サイトの内部という空間は楽でいられるところなのです。
エロイプサイトでの関わりはまず長くは続かないのがよくある例だからです。
おおよそが、すぐに終わってしまう関係しか得られないことが多いので、面倒臭いことにはならず、最初の目的だけ終われば相手ともそこで終了します。
エロイプという場所にひたすら打ち込んでしまう人は、人間としての関係を得るということを自分には関係ないと考えている人たちで、もし誰かを信用できるようになれば、エロイプというシステムからはだんだんと離れていくようになります。

関連記事