エロイプと言う存在は無くさないから世の為にならないと考えている人の数がずば抜けて多い筈なのですが出会い系のSNSはネットの世界で人気が無くなるどころか増加する傾向にあります。
この為、まだネットの世界と言うものの本当の恐怖に気づかない子供たちは、簡単にエロイプの入り口へ入り込み、迷い込んでそのままとんでもない被害をこうむる事になってしまうのです。
年齢制限の確認や、掲示板の利用の可否など、色々な形での制約があったとしても、まだまだインターネットの環境は、「小さな侵入者」を許してしまうスペースを持ったままです。
エロイプと言うシステムをネットから無くす為にはまずこの関心のある人たちを発生させない事を考える必要があります。
それを実現する為には、まずはエロイプ自体を利用させないように整える事、そう言う考えを教育していく事がエロイプの根絶に繋がります。
根底から、ネットの世界の恐ろしさについてを親世代が幼い子供に教えていく事が通常の事にならない限り、小さな子供は出会い系業者に騙されてしまいます。
そうしてその状態が続けば、騙されているなんて気づかない子供たちが増えてしまえば、ますますエロイプ業者もその悪質な手口の規模を大きくするのです。
騙される人たちを消さない限り、出会い系を無くす事はありません。

関連記事