エロイプを用いる年齢層はどうしたことか幅が広く、時間とお金が豊かな六十代過ぎてもエロイプを実行している人もいれば、十分とはいえない中学生であるにも拘わらず、年上の人の免許証を勝手に利用してエロイプに乱入するような現実的な例もあります。
あるいは、年齢を特定するのはとても難問になりますが、またきっと、具体的な数字で考えると、子供と言われる10代前半から高齢者と言われる60代後半までの規模の人々が、アダルトな出会いの方法を使っているいるのではないかと思われます。
また、エロイプは年齢制限の壁がある以上、上限の年齢は何十歳でもいいですが、エロイプに必要な年齢は18歳からという確実な規則があります。
やっぱり、目ずらし物見たさが一番ピークになる年代である十代は、やっぱり引き合うように知らない大人が出会いを求めているサイトに参加してしまう現状にあるのです。
はなはだ利用や活用する世代グループは二十代前半に多いと予想されましたが、三十代、四十代の年齢層もたくさんいますし、70代を超える奥さんのいない男性が利用している案件もこの間から見かけるようになりました。
「事実上、範囲の広い年齢層がインターネットサイトを利用してるの?」と落ち着きを無くすかもしれませんが、一般受けしやすい物のように熟年離婚が夫婦の形のあり方になりつつある今の夫婦は、想像より過酷な独りの時間が苦痛で、エロイプに駆け込む孤独な生活を続ける高齢者がどうしてもかなり多くなっているのです。
エロイプと言う存在は無くした方が世の為だと感じる人の方がかなり多い筈なのですが出会いを求めたサイトはネットの世界から消え去るどころか繁殖し続けている傾向にあります。
そうした事から、まだインターネットの中身の本当の京を知らない子供たちは、簡単にエロイプの世界にアクセスし、迷いこんでそのまま生命に関わる被害をこうむる事になってしまうのです。
年齢の確認や、掲示板の利用規約による制限などに、様々な形での制約があったとしても、まだまだネットの業界は、「若い侵入者」を許してしまう世界のままです。
出会い系と言うものをインターネットから排除する為にはまずこの若い利用者たちを発生させない事を考えるのが重要です。
それをするには先ずは出会い系のシステムを利用させないように整える事、そう言うしつけをしていくことが出会い系の根絶に繋がります。
だいたいにして、インターネットの世界の恐怖についてを親世代が子供たちに指導する事が当然の事にならない限り、未熟な世代は出会い系業者に騙されて被害者になります。
その後も続けば、騙されている事に気づかない子供たちが増加してしまえば、ますますエロイプ業者もその悪質な手口を拡大させるのです。
騙されてしまう若い世代を消さない限り、出会い系を撲滅させる事はありません。

関連記事