D(ホステス)「有名ブランドのバッグなんて欲しいって言ったら簡単にくれますよね。あたしも、数人別々にいっしょのバースデープレゼントねだって1個だけもらっていて売る用に分けちゃう」
筆者「えっ?贈り物どうなるんですか?」
D(キャバクラ在籍)「びっくりしてるけど大事にもらっとくワケないです。床置きしてもせっかく価値があるんだから流行っている時期に必要な人が持った方がバッグだってうれしいっしょ」
E(十代、国立大の女子大生)すみませんが、わたしなんですが、現金化するタイプです。」
C(銀座のサロンで受付担当)エロイプには何十万もお金儲けしているんですね。私は今までプレゼントもらったことないです」
筆者「Cさんの話を聞きましょう。エロイプを使ってどういう異性と遭遇しましたか?
C「高級レストランすら誰もからももらってないです。どの相手もプロフ盛ってる系でデートとかはどうでもいいんです。わたしなんですけど、エロイプを恋人探しの場として待ち合わせしたのにさんざんな結果になりました」
筆者「エロイプを使って、どういう相手を期待しているんですか?
C「一番の理想は、なんですけど、医者とか弁護士の方とか国立大いるようなエリートコースを歩んでいる人といっしょになりたいんです。
E(国立大に在学中)わたしは、国立大に在籍中ですが、エロイプを見ていても優秀な人がいないわけではないです。ただし、根暗なイメージです。」
エロイプに関しても、オタクに対して敬遠する女性が見る限り多数いるということです。
アニメやマンガにも慣れてきたように感じられる国内でも、まだオタクを恋愛対象として認知はされていないともののようです。

関連記事