筆者「第一に、みんながエロイプを利用してのめり込んだわけを順番にお願いします。
今日揃ったのは、中卒で五年間引きこもったままだというA、あくせく働くことには興味のないもののまだ上手くはいっていないB、小規模の芸能事務所でレッスンを続けて、アクション俳優を目指すC、すべてのエロイプに通じていると得意気な、ティッシュ配りのD、五人目の、新宿二丁目で水商売をしているE。
5人全員二十代はじめです。
A(自宅パトロール中)「俺は普段部屋でパソコンばかりしているんですが、ネット上でめっちゃ可愛い子を見つけて相手の方からメールをくれたんです。それから、あるサイトにユーザー登録したら、直メしていいからって言われたので登録しましたね。それ以降は連絡がつかなくなっちゃいました。ただ、他にも可愛い人会えましたね。」
B(せどりに)「使いだしたころはやっぱり、自分もメールを何回かして。見た目がすごい良くて一目ぼれしました。親しくなりたいと思って、アカウントゲットしました。そのサイトって、ツリの多いところでそこまで問題なくて前と変わらずに利用しています。
C(プロダクションで訓練中)「私の場合、いろんな役になりきれるよう始めましたね。エロイプを利用するうちに様々な女性に会う役になって以来使うようになりました」
D(パート)「僕はですね、友人で使っている人がいて、感化されて手を出していきました」
最後に、最後となるEさん。
この人なんですが、他の方と大分違っているので、正直言って浮いてましたね。
先週質問したのは、言うなら、いつもはサクラのバイトをしていない五人の男子学生!
集まらなかったのは、メンキャバを辞めたAさん、この春から大学進学したBさん、売れっ子芸術家のCさん、某芸能プロダクションに所属する予定だというDさん、芸人に憧れるEさんの五人です。
筆者「まず先に、始めた原因からうかがっていきましょう。Aさんからお願いできますか」
A(昼キャバ勤務)「私は、女性心理が理解できると考え開始しました」
B(元大学生)「おいらは、稼がないと意味がないと思えず始められませんでしたね」
C(歌手)「俺様は、フォークシンガーをやっているんですけど、まだアマチュア同然なんでいっこうに稼げないんですよ。大物になる為には脚光を浴びない所からこつこつ下積みすると良いらしいんで、、こういう経験をして、とにかくアンダーグラウンドな経験を蓄積しようと思って」
D(某タレント事務所所属)「俺は、○○ってタレント事務所でクリエーターを辞めようと考えているんですが、一度の舞台で500円しか入らないんで…先輩に紹介していただきサクラのバイトを嫌々やってるんです」
E(お笑いタレント)「本当のところ、わしもDさんと似たような状況で、1回のコントでもらえて数百円の貧しい生活してるんです。先輩に紹介していただき、ステマのバイトを始めることにしました」
驚くべきことに、五人のうち三人がタレント事務所に所属しているという至って普通のメンバーでした…、それでも話を聞いてみたら、五人にはステマ特有のおもしろエピソードは無さそうでした…。

関連記事