この時は、ネット上のコミュニティをよく使うという五人の女性(十代一人、三十代四人)リサーチしました。
集まってくれたのは、既婚者であるAと、3人と並行して付き合っているギャル風のB、キャバクラ嬢として働くD、その次に、国立大の現役女子大生E。銀座にある反射療法のリフレクソロジーサロンで受付を担当しているC、
実は、三十代女性限定で五人へのインタビューを予定していたんですが、当日になって断わられたため、そのまま駅のところで「エロイプに関するインタビューに協力してもらえないか」と何十人もの女性に声をかけ、いきなりのキャッチにもきちんと応対してくれた、十代のEさん含め五人を迎えました。
一番に、筆者が何か言う前に語ってくれたのは、3人の異性と同時に関係を持っているBさん。
B(三十代のギャル)「エロイプを利用してるってことなんですけど、「みなさんはなんで登録するんですか?私はお金が理由で今は三股してばれてません」
笑って語るBさんに、後の4人も引き気味で自分の体験談を語り始めました。
結婚しているA「私に関しては、単純な話、主人だけだと寂しくてアカウント取ったんですよ。一般常識としては、とんだ不貞妻でしょうけど、出会い系のメッセージに返事してしまうんです。」
B「利用しだしたらすっかり頼っちゃいますよね」
筆者「お金目当てでエロイプを利用する女の人が多いってことですか?
B「お金目的じゃなきゃメリットないですよね」
Bさんに続いて、ホステスとして働くDさんがそしらぬ顔で、男性目線では聞きたくない手の内を暴露しました。
ネット上のやり取りをするサイトをかなり利用する年代は、20代のフレッシュな若者だと読み取ることができます。
加えて、若くないといわれる40代を超える人は、エロイプを推進するという未知の興奮を身体に感じなくなったり、取り扱い方法や存在理由の情報をそこまで理解できなかったため、使いたいという気持ちが、おきる要因がない、という男性がよく見かけます。
このように、突然ですが六十代の出会い系ファンが多くなっており、伴侶を失った孤独の時間を癒す為に使い始める高齢者なども出現するようになりました。
このような結果に、千差万別の年代の人々がエロイプを役立てているのですが、性別は同じでも年齢の違いによって、利用するベースや考えが別々の考えが必要になっています。
ある、六十歳を超え、家庭を持っていると思われる男性は、女性とデートするよりもこれからずっと待っている天涯孤独の時間解消為に、自分に足りないものを与えてくれる存在を心が欲しがってエロイプを役立てるようになった男性が凄まじい勢いで増えています。
この手の人には、「サクラに乗せられていることを知っていても、寂しい自分の気持ちからやめられない」という孤独を恐れる出会い系ユーザーもいるなど自分にしかわからない理合で自分ではどうすることもできない人もいるのです。
使う人の年齢で活用する動機は違いますが、ワイドな世代が、その人にしか分からない理由でエロイプの入り口に立ってしまうのです。
そうして、こういったシチュエーションを変えるには、今日この段階では、エロイプ自体の基準を昔より厳しくしていく事しかやれることがないのです。

関連記事