この度は、エロイプにユーザーである五人の女(三十代四人、十代一人)たちに聞き取りを行いました。
顔ぶれは、夫だけでは物足りないA、三股をかけているB(ギャル風)水商売のD、それと、国立大の現役女子大生E。銀座にある反射療法のリフレクソロジーお店で受付を担当しているC、
これは内緒ですが、三十代女性五人への取材を考えていたんですが、ドタキャンが入ったために、早々と駅前で「エロイプについての取材を受けてほしい」と何十人かの女性に呼びかけて、怪しげなナンパにも喜んで引き受けてくれた十代のEさんも五人を集めました。
最初に、筆者よりも早く話し出したのは、3人の男性と同時進行中のBさん。
B(三十代のギャル)「エロイプを利用してるってことなんですけど、「みなさんはなんで登録するんですか?私はパパ目当てで今は三股してます」
しゃあしゃあと語るBさんに、Aさんら4人も歯切れが悪いものの回答しだしました。
A(配偶者アリ)「私の場合は、シンプルに浮気に興味があって出会い系を思いついたんですよ。世間一般ではとんだ不貞妻でしょうけど、出会い系で男と会うのは止められないです。」
B「ちょっと使うだけで何時間もやり取りしちゃいますよね」
筆者「援助目的でエロイプを利用する女性がそんなにいるんですか?」
B「他にどうするんですか?」
ここで、ホステスのDさんが何気なく、男性から見ると受け入れがたいことを暴露しました。

関連記事