筆者「もしかすると、芸能人の中で下積み中の人って、サクラでの収入に頼っている人が大勢いるのでしょうか?」
E(とある有名人)「そうだとよく耳にします。サクラの仕事内容って、シフト割と自由だし、我々のような、急にいい話がくるような職に就いている人種には最高なんですよ。予測不能の空き時間を利用できるし、他じゃできない経験の一つになるし…」
C(現アーティスト)「なかなかできない経験になるよね、女のキャラクター作るのはすごく大変だけど我々は男性だから、自分が言われたいことを相手に言えばいい訳だし、男の気持ちをわかっているから、男も簡単にのってくるんですよね」
A(メンキャバスタッフ)「意外に、女の子のサクラは男性の心がわかってないからぶっちゃけ上手ではないっすよね」
ライター「女の子のサクラより、男性がサクラをやる方が秀でているのですか?」
D(とある芸能事務所関係者)「えぇ、そうです。優れた結果を残しているのは大体男性です。だがしかし、僕なんかは女性キャラクターを作るのが上手じゃないので、いっつもこっぴどく怒られてます…」
E(ある芸人)「言わずとしれて、食わせものが成功するのがこの世界ですからね…。女の子になりきるのが大変で…俺も頑張っているんです」
ライター「女の子のキャラクターを作り続けるのも、かなり大変なんですね…」
女性の人格のどうやってだましとおすかのトークで盛り上がる彼ら。
会話の途中で、ある言葉をきっかけに、自称アーティストのCさんに向けて視線が集まったのです。

関連記事