エロイプに関して、アカウントを持っている人は普通どんなことをしているのか。
そういった疑問に回答を求め、そこで、ネットを活用して聞き取りをする人をピックアップして、都内にある喫茶店でインタビューすることになりました。
来てもらったのは、定期的にエロイプから利用をしている五人。
男性から紹介すると、勤め人A、離婚して男手一つで子どもを育てるB、ホストを始めたばかりのC、女性メンバーを見ていくと、警備員の仕事をしているD、グラドルを始めたばかりのEの2人です。
手始めに、筆者は参加してくれた人たちに、簡単な質問に答えてもらい、その回答について、話題を広げてインタビューを実行しました。
筆者「手始めに、問診表に、これまでエロイプを介して知り合いになった男性が相当いるというEさんの話を深く掘り下げたいんですが、どんな感じで複数の男性と?がりを持ったんですか?
E(グラドルを始めたばかり)「わたしは1日交代で相手を変えていくんです」
筆者「交代ってことは、毎日異なる相手に違うって意味ですか?」
E「ウンザリするんです。あとは、他にだっていい人で会えるだろうし、LINEでももう連絡しない。向こうから誘ってきてもエロイプのなかには他にもいくらでもいるんだって考えたらどうでもよくなる」
型にとらわれないEさんの言葉に「そんな風に使っている人もいるんだ」と動揺するCさんとDさん。
そしてその後に、Aさんが印象深い経験を筆者にさらけ出してくれました。
エロイプを使う目的は個々でしょう。
大部分の人は遊び相手が欲しいとか性交渉可能な関係が欲しいとかそういった使い道なようです。
しかしただこの割合が数えきれないというだけで、みんながみんなそういった思考ではないということは頭の片隅に入れておくべきです。
こういった気晴らしが目的以外にも目的は多様にあるのです。
中には安定したお付き合いをしたいとか、熱心な恋愛がしたいと思って役立てて相手に応募している人もいます。
あと簡素なメル友を要望にしているという人もいます。
また先々には縁定めまでできればと本当に誠実に相手のプロフを読んでいる人もいるでしょう。
使用する人によってはその条件は全然違ってきますので、いいなと見える人に対してコミュニケーションを取るときには、その辺りもきちんと決断する必要があるでしょう。
不意に相手の気に障るような赤裸々な話をしていっては、相手が不快感を催すかもしれません。
まず相手のことが全然見えないメッセージ段階なら、とりあえず世間並の入り方をしていくよう整えておきましょう。
まあ昔からの連想でエロイプというのは、気晴らしがメインで律儀な利用者は少ないと思っている人も一杯います。
しかし近頃のエロイプは変遷してきているのです。
とりあえず礼法というのは見落とさないようにしてください。
自分の狙いを伝えるだけでなく、相手のことも親切にできるような気持ちが好印象を持てるものになっていくのです。
まず通常のコミュニケーションをしていくことで、相手も気分を悪くすることはほぼ無いと断言できます。
そういったメッセージを送って返信が来なかったとしても、「メッセージなんで返さないの?」なんて催促はNGです。

関連記事