Webサイトを出会いの場として使用している中高年や若者に問いかけてみると、大方全員が、孤独に耐え切れず、ごく短期間の関係さえ築ければそれでいいという見方でエロイプを活用しています。
つまるところ、キャバクラに行くお金を節約したくて、風俗にかけるお金も節約したいから、料金が必要ないエロイプで、「手に入れた」女の子で安上がりで済ませよう、と捉える男性がエロイプを用いているのです。
そんな男性がいる中、女の子サイドはまったく異なる考え方を持ち合わせている。
「熟年男性でもいいから、料理ができてお金がある彼氏が欲しい。エロイプに手を出しているおじさんはモテない人ばかりだから、中の下程度の自分でも思うがままに操れるようになるんじゃ…!もしかしたら、タイプの人がいるかも、顔が悪い男は無理だけど、タイプだったら付き合いたいな。9割がたの女性はこのように考えています。
端的に言えば、女性は男性の見てくれか経済力が目的ですし、男性は「チープな女性」を求めてエロイプを使っているのです。
双方とも、できるだけ安価にお買い物がしたくて出会いを欲しているようなものです。
結果として、エロイプを運用していくほどに、男は女性を「もの」として見るようになり、女達も自らを「品物」として取りあつかうように考え方が歪になっていくのです。
エロイプを活用する人の考えというのは、女性をじんわりとヒトではなく「物」にしていく感じの危うい「考え方」なのです。
筆者「いきなりですが、それぞれエロイプ利用を決めたとっかかりを全員に聞きたいと思います。
顔ぶれは、高校を卒業しないまま、五年間自宅警備の仕事をしてきたというA、転売で儲けようと頑張っているB、小規模の芸能事務所でレクチャーを受けてアクション俳優を志望しているC、エロイプのすべてを知り尽くしたと余裕たっぷりの、ティッシュ配りをしているD、加えて、新宿二丁目で水商売をしているE。
みんな二十代はじめです。
A(自称自宅警備員)「俺は仕事も何もしてないんですけど、サーフィンしてたらすごいきれいな子がいて、向こうからアプローチ来て、そこであるサイトのIDをつくったら、携帯のメアド交換しようって言われて、ID登録しました。その子とはメッセージも来なくなっちゃったんです。それでも、他にも何人か他にもいたので」
B(転売に挑戦中)「アカウント取ったころはやっぱり、自分も直アドが聞きたくて。女優みたいなルックスの人いて、どストライクだったんです。会いたくなっちゃってサイトにも登録しました。そのサイトに関しては、サクラの多いところだったんですが、女性会員ともやり取りできたので、前と変わらずに利用しています。
C(プロダクションで訓練中)「自分なんかは、役作りになるだろうと思ってアカウントを取りました。エロイプ利用にさんざん悪用する役をもらって、以降ですね」
D(ティッシュ配りのバイト)「僕はですね、友人でハマっている人がいて、影響されながら自分もやってみたってところです」
忘れちゃいけない、5人目であるEさん。
この人についてですが、オカマですので、正直なところ一人だけ全然違うんですよね。

関連記事