昨日ヒアリングしたのは、言わば、以前からサクラのパートをしている五人の学生!
集まることができたのは、メンズクラブで働くAさん、現役男子大学生のBさん、売れない芸術家のCさん、某タレント事務所に所属する予定のDさん、お笑いタレントを目指すEさんの五人です。
筆者「始めに、着手したキッカケから聞いていきます。Aさんはお答えにならなくて結構です」
A(元メンキャバキャスト)「オレは、女性心理が分からなくて試しに始めました」
B(男子大学生)「俺様は、ボロ儲けできなくてもいいと考えて辞めましたね」
C(作家)「私は、シンガーソングライターをやってるんですけど、まだ素人同然なんで少ししか稼げないんですよ。大スターになる為には大きな所でなくてもこつこつ下積みするのは不本意ですが、こんなことやりたくないのですが、一旦アンダーグラウンドな見聞を広めようと思って」
D(タレント事務所所属)「小生は、○○って芸能プロダクションで音楽家を育てるべく奮闘しているのですが、一回のリサイタルで500円ぽっちしか貰えないんで…先輩に教えて貰ったサクラのバイトを仕方なくやってるんです」
E(ピン芸人)「実際のところ、俺様もDさんと似た状況で、お笑いコントやって一回数百円の貧乏生活してるんです。先輩から紹介を受けて、ゲリラマーケティングのアルバイトをすべきかと悩みました」
驚いたことに、メンバー五人中三人がタレント事務所に未所属という華々しいメンバーでした…、かと言って話を聞かなくてもわかるように、彼らにはステマによくある仰天エピソードは無さそうでした…。
質問者「もしかすると、芸能界に入るにあたって下積み中の人って、サクラを仕事にしている人が多数いるのでしょうか?」
E(とある芸人)「そうだと聞いています。サクラのアルバイトって、シフト割と自由だし、俺みたいな、急に仕事が任されるような仕事の人にはお互いにいいんですよ。予測不可の空き時間にできるし、一風変わった経験の一つになるし…」
C(某アーティスト)「一つの経験になるよね、女性のキャラクターとして演じるのは簡単じゃないけど俺らは男目線だから、自分がうれしい言葉を向こうに話せばいいわけだし、男の心理をわかっているから、相手もやすやすと引っかかるんですよね」
A(メンキャバ働き手)「反対に、女の子でサクラをやっている人は男の心がわかってないから正直下手っすよね」
著者「女のサクラより、男がサクラをやる方が成績が上なのですか?」
D(芸能事務所所属の一人)「そうとも言えますね。優れた結果を出しているのは大体男性です。けれども、僕なんかは女のキャラクターを作るのが上手じゃないので、いっつも目くじらを立てられてます…」
E(とある有名芸人)「最初から、食わせものが成功する世の中ですね…。女性になりきるのが想像以上に大変で…俺らも苦労してます」
ライター「女キャラクターを作るっていうのも、色々と苦労するんですね…」
女性役の成りきり方についての話に花が咲く彼女ら。
その途中で、あるコメントをきっかけとして、自称アーティストであるCさんに好奇心が集まりました。

関連記事