出会い系でお互いが気になるようになって実際に会うようになった男と女が詐欺や傷害のような事件を起こすことが多いみたいでこれまでに何度も出会い系が関与する犯罪が何度も起きておりワイドショーでも賑わされています。
これまでのエロイプがらみの事件を精査してみたところ色んなトラブルが生じていますが、金銭面でもめてしまうものも多いですが、へヴィな事件だと相手に付きまとったり、先方の人生を奪うような事件だってありますし子供に対して幼児虐待をして殺めてしまったりといった惨い事件も起きています。
明確なことは分からずじまいで報道番組でも徐々に忘れられてしまった手がかりが見つからないままの犯罪もありますし、エロイプと密接な関係がある事件は、恐怖を感じさせるようなものが少なくありません。
それどころか、被害届が出されていないものも含むと、出会い系のようなコミュニティサイトでは高い頻度で犯罪などが実行されているといわれています。
私も、会員として利用している人に何かしらの問題が起きなかったか伺ってみたのですが、なんと全員の方が少し困ったことになってしまったり、ストーカーのように付きまとわれてしまった人もいましたし、話が合う人だから相手の素性も聞かないまま会ったところ、メールと全然性格が違っていて危険な人だと分かったという体験をした人もいました。
前回インタビューを失敗したのは、ちょうど、以前よりゲリラマーケティングの契約社員をしていない五人の男女!
出揃ったのは、メンズキャバクラで働いていたAさん、男子学生のBさん、芸術家のCさん、有名芸能事務所に所属しているはずのDさん、芸人になることを夢見るEさんの五人です。
筆者「先に、始めた動機から確認していきましょう。Aさんからお話しください」
A(元昼キャバ勤務)「俺は、女心なんか興味なく始めたいと思いました」
B(1浪した大学生)「わしは、ガッツリ儲けられれば何でもいいと考える間もなく始めましたね」
C(表現者)「おいらは、オペラ歌手をやっているんですけど、まだ新人なんで一切稼げないんですよ。食えるようになる為には目立たない所からこつこつ下積みするのが一番なんで、、こういうバイトでもやりながら、ひとまずアンダーグラウンドな体験を増やそうと思って」
D(有名芸能事務所所属)「俺様は、○○って音楽プロダクションに所属してギタリストを養成すべく励んでいるんですが、一度のコンサートで500円しか頂けないんで…先輩から紹介を受けたサクラのバイトをやっていたんです」
E(若手コント芸人)「実際は、俺もDさんと似たような感じで、コントやって一回僅か数百円の快適な生活してるんです。先輩に教えていただいて、サクラの仕事をしなければと考えました」
よりによって、五名中三名が芸能プロダクションに未所属という華やかなメンバーでした…、だがしかし話を聞いてみるとどうも、彼らにはサクラによくある苦労エピソードは無さそうでした…。

関連記事