D(キャバ嬢)「高級なバッグとか頼んだらちょろくないですか?あたしも、何人かまとめていっしょのバースデープレゼントねだって1個だけ取っておいてあとは現金に換える
筆者「…ショックです。せっかくもらったのにオークションに出すんですか?」
D(キャバクラで働く)「ってか、他の人も売ってますよね?床置きしても案外場所取るし、季節で売れる色味とかもあるので、必要な人が持った方がバッグもうれしいんじゃない?」
E(十代、国立大学生)言いにくいんですが、わたしなんですが、売っちゃいますね」
C(銀座のサロンで受付をしている)「エロイプを利用して複数の稼げるんだ…私はまだまだ何かプレゼントされたりとかはないんですよ」
筆者「Cさんの使い方は違うみたいですね。エロイプのなかにはどのような異性がメッセージのやり取りをしたんですか?
C「高級品を送ってくれる男性とは関わっていないですね。多くの場合、イケてない感じでフィーリングとか気にしない人たちでした。わたしの話なんですが、エロイプは怪しいイメージも強いですが、お付き合いがしたくて利用していたのにホテルに行こうって言うのは引きました」
筆者「エロイプ上でどういう相手を探しているんですか?
C「夢を見るなってしれないですけど、医師免許のある人とか弁護士の方とか国立大在学中の将来も安泰な相手を見つけたいです。
E(国立大に通う)わたしは、国立大で勉強していますが、エロイプの中にも同じレベルの人間はそれなりにいます。とはいえ、根暗なイメージです。」
調査の結果として、オタク系に遠ざける女性がどういうわけか多数いるということです。
アニメやマンガにも慣れてきたようにように思われる日本ですが、まだ個人の好みとして受入れがたいないのではないでしょうか。

関連記事