D(ナイトワーカー)「ブランドのカバンとか気前のいい人多いですよ。わたしなんて何人も同じの注文して1個除いてあとは質屋に流す」
筆者「まさか!お客さんの気持ちはそんなことになっていたなんて」
D(キャバ嬢をしている)「けど、ふつうオークションだしますよ。ワードローブに並べたって宝の持ち腐れだし、シーズンごとに変わるので欲しい人に買ってもらった方がメーカーだってうれしいでしょ?」
E(十代、国立大の女子大生)受け入れがたいでしょうが、わたしもなんですけどお金にします」
C(銀座のサロンで受付を担当している)「エロイプを使って何十万も儲かるんですね…私は今までプレゼントもらったことないです」
筆者「Cさんにもっと聞きたいですね。エロイプを利用してどのような男性と関わってきましたか?
C「高級レストランすら誰もからももらってないです。ほとんどの人はいつもは女の人と縁がないんだろうなって雰囲気で、セックスが目的でした。わたしにとって、エロイプについてなんですが、まじめなお付き合いがしたくてメールとかしてたのでさんざんな結果になりました」
筆者「エロイプにアクセスするのはどういった異性と出会いたいんですか?
C「目標を言えば、承知で言うと医療関係者とか法律関係の方とか国立大学にいるような高学歴の人がいいですね。
E(国立大に在学中)わたしも、今は国立大にいますが、エロイプだって、出世しそうなタイプはいる。そうはいっても、大抵はパッとしないんですよ。」
エロイプの特徴として、オタクに関してイヤな感情を持つ女性が見たところ多めのようです。
アニメやマンガが大分浸透してきたと感じられる国内でも、今でも身近な存在としての認知はされていないと薄いようです。

関連記事