D(ホステスとして働く)「高級なバッグとか頼んだらちょろくないですか?わたしなんて複数まとめて同じ誕生日プレゼントおねだりして1個以外はあとは現金に換える
筆者「マジですか?プレゼントどうなるんですか?」
D(キャバクラで稼ぐ)「けど、皆もお金に換えません?取っておいてもしょうがないし、シーズンごとに変わるので売り払った方がバッグだって悲しいだろうし」
国立大に通う十代E悪いけど、わたしなんですが、売っちゃいますね」
C(銀座のサロンで受付を担当している)「エロイプを利用してそういった貢いでくれる男性と知り合えるんですね…私はこれまで物をもらったことはないです」
筆者「Cさんの使い方は違うみたいですね。エロイプを使ってきたなかでどのような男性と絡んできたんですか?」
C「「贈り物なんてことすらないです。ほとんどの人はパッと見ちょっとないなって感じで、体目的でした。わたしはですね、エロイプは怪しいイメージも強いですが、彼氏が欲しくてメールとかしてたのでいきなりセックスするのはムリですね。
筆者「エロイプではどんな出会いを知り合いたいんですか?
C「何言ってるんだって言われても、医師免許のある人とか法律関係の方とか国立大いるような高学歴の人がいいですね。
E(国立大に在籍中)わたしはというと、今国立大で勉強中ですけど、エロイプにもまれにプーばかりでもないです。とはいえ、恋愛対象ではないですね。」
調査の結果として、オタク系に嫌う女性がどうやら少なくないようです。
サブカルにアピールしているかに言われている日本でも、今でも身近な存在としての認知はされていないと言えるでしょう。

関連記事