出会えるサイトを使用している中高年や若者に話を訊いてみると、ほぼ全員が、心淋しいという理由で、ごく短期間の関係を持つことができればそれでいいという見方でエロイプを使っています。
簡潔に言うと、キャバクラに行く料金を節約したくて、風俗にかけるお金も使いたくないから、お金が必要ないエロイプで、「捕まえた」女性でリーズナブルに間に合わせよう、と思う男性がエロイプに登録しているのです。
また、「女子」側では異なった考え方を持ち合わせている。
「相手が年上すぎてもいいから、お金持ちで家事をしてくれる彼氏が欲しい。出会い系をやっている男性はほとんどがモテない人だから、平均程度の女性でも思うがままに操れるようになる可能性は高いよね!思いがけず、カッコいい人に出会えるかも、おっさんは無理だけど、タイプだったらデートしたいな。ほぼ確実に女性はこのように考えています。
つまるところ、女性は男性のルックスかお金が目的ですし、男性は「お手ごろな女性」を目標にエロイプを運用しているのです。
二者とも、できるだけお金がかからないお買い物がしたくて出会いを欲しているようなものです。
結果として、エロイプを利用していくほどに、男は女達を「もの」として価値づけるようになり、女もそんな己を「品物」としてみなしていくように考え方が変化してしまいます。
エロイプを利用する人のものの見方というのは、少しずつ女を心のない「物体」にしていく類の狂気的な「考え方」なのです。

関連記事