今回は、エロイプなら割と親しんでいるという十代から三十代まで幅広い女性に取材を行いました。
そろっているのは、結婚指輪が光るA、三股をかけているB(ギャル風)水商売で稼いでいるD、それから、大学生のE。銀座にある反射療法のサロンで応対をしているC、
実をいうと、三十代女性を五人への取材を考えていたんですが、いきなり1人抜けてしまい、頭を切り替えて駅前で「エロイプに関する取材に同行してほしい」と何十人か女性にオファーをして、いかがわしいキャッチにも、快くOKしてくれた、十代のEさんを加えた五人を迎えました。
開口一番、筆者の挨拶よりも先にトークを展開したのは3人の男性を騙しているBさん。
B(三十代のギャル)「エロイプを利用してるってことなんですけど、「皆はどんなわけがあってアカ取るんですか?私は援助目的で今三股かけてます」
笑って語るBさんに、あとの女性もペースを奪われつつ自分の体験談を語り始めました。
A(配偶者アリ)「私については、ただ単に旦那以外の人に抱かれたいと思ったのが始めたんですよ。友達が知ったら恥ずかしいことってわかるけど、それでもエロイプにアクセスする。」
B「ちょっとでもアクセスしたら常習化しますよね」
筆者「お金が欲しくてエロイプにログインする女性がたくさんいるんでしょうか?」
B「そうでなきゃ使い方ってあります?」
そのときホステスとして働くDさんが急に、男性には非常に厳しい現実を語りました。
エロイプを利用する用途は多種多様でしょう。
大部分の人は遊び相手が欲しいとか性交関係が欲しいとかそういった動機なようです。
しかしただこの割合がごまんというだけで、みんながみんなそういった使い方ではないということは忘失してはいけません。
こういった遊びが理由以外にも目的は幾つもあるのです。
中には長期的なお付き合いをしたいとか、熱心な恋愛がしたいと思って加入して相手と出会っている人もいます。
あと気軽なメル友を募集しているという人もいます。
また先々には婚礼までできればと本当に妥協せずに相手にアプローチしている人もいるでしょう。
使用する人によってはその意図は全然違ってきますので、いいなと想像される人に対してコミュニケーションを取るときには、その辺りも念入りに考慮する必要があるでしょう。
いきなり相手の気に障るような無防備な話をしていっては、相手が不快感を覚えるかもしれません。
まず相手のことが全く把握できないアプローチのレベルなら、とりあえず一般的な入り方をしていくよう記憶に留めておきましょう。
まあ以前からのイメージでエロイプというのは、遊びが主軸で誠実な利用者は少ないと思っている人も山ほどいます。
しかし頃年のエロイプは移り変わってきているのです。
とりあえず行儀というのは注意を払うようにしてください。
自分の条件を伝えるだけでなく、相手のことも考慮できる気持ちが好印象を持てるものになっていくのです。
まず決まりきった話しかけをしていくことで、相手も不愉快になることはほぼゼロと言い切れます。
そういったアプローチをして回答が来なかったとしても、「メッセージなんで返さないの?」なんて大量に送るのはいけません。

関連記事