出会えるサイトを利用する人に問いかけてみると、ほぼほぼの人は、人恋しいと言うそれだけの理由で、ごく短期間の関係を持つことができればそれでいいという見方でエロイプを使っています。
わかりやすく言うと、キャバクラに行くお金を払うのが嫌で、風俗にかけるお金も払いたくないから、料金が発生しないエロイプで、「釣れた」女性でお得に間に合わせよう、と考え付く男性がエロイプを使用しているのです。
男性がそう考える中、「女子」側では相違な考え方を有しています。
「相手が年上すぎてもいいから、料理ができてお金がある人を彼氏にしたい。エロイプのほとんどのおじさんはモテない君ばかりだから、中の下程度の女性でも意のままにできるようになるわよ!思いがけず、タイプの人に出会えるかも、デブは無理だけど、顔次第では会いたいな。女性の半数以上がこのように考えています。
平たく言えば、女性は男性の容姿か金銭がターゲットですし、男性は「お得な女性」を手に入れるためにエロイプを使っているのです。
どちらとも、できるだけ安価にお買い物がしたくて出会いを欲しがっているようなものです。
そのようにして、エロイプを使いまくるほどに、男は女達を「商品」として価値づけるようになり、女も自分自身を「品物」として取りあつかうように考え方が歪になっていくのです。
エロイプにはまった人の所見というのは、女性をだんだんと人間から「物」にしていくような異常な「考え方」なのです。
先頃の記事の中において、「エロイプで仲良くなり、会うとその相手が犯罪者だった」という女性の経験談を紹介しましたが、女性としても考えがあるのでしょうが、その男性との関係が進展して行く事になったのです。
理由としては、「雰囲気がやくざっぽくて、断るとどうなるか分からずそのまま一緒に行動していた」ということですが、じっくりと女性に話を聞いたら、怖いもの見たさという部分もあってそのまま関係を続けようと思ったようです。
その男性の犯罪というのも、普通は持っていないような大きめの刃物で他でもない親を刺してしまったというものだったので、もしもの事を考えると危険だと思う場合もあるでしょうが、話してみると普通の人と変わらず、子供などにはむしろ優しいぐらいだったので、問題など起こらないだろうと、付き合いが始まる事になっていったのです。
彼女も最初は良かったようですが、時折その相手が怪しげな動きをしていたので、気付かれないように家を出て、男性とは別れる事にしたのだと言うことでした。
特別なことなどしていないのに威圧されているように感じ、同棲生活を送っていましたが、逃亡するかのように出てきたという話をしていましたが、見た目や雰囲気の怖さがあったと言うだけの理由が問題ではなく、ちょっとした言い合いにでもなると、すぐに力に任せるなど、乱暴をしようとする感じの動きをする場合があるから、女性はお金も渡すようになり、頼まれれば他の事もやってあげて、平穏に暮らそうとしていたのです。

関連記事