エロイプを使う人は多いものの、今までと違う出会いを意図しているものです。
となると、アプリを使う機会が増えれば、それまでとは違う出会いを見つけるきっかけになる場合もあります。
こうやって、女性との繋がりができれば、いつかは二人で直接会ってリアルにデートまで行きたいでしょう。
当然ですが、エロイプがいいとは思わず、ほぼ出会うことは出来ないだろう、と思う人もたくさんいるのです。
そう考えてみると、エロイプの使用者に関しては、こう考えている男性の方が殆どとなっている可能性もあります。
女性よりも男性の方がエロイプ利用者が多く、メールの返事が一度は来ても上手く続けていく事は簡単にはできません。
ですから女性への積極的なアピールによって、やっとの思いでメールの返信を貰った人が、出会いを見つけているのですね。
女性利用者としてはどのような方が真剣にエロイプを使用しているのか、その上メールのテクニックなども無視出来ない事なのです。
出会いにはどうにもならない部分も関与する事があるので、毎回のように成功するというのは難しいのです。
そういった状況のなかでもエロイプに期待して使う場合に、他の人よりもチャンスを掴む事も多くなっていくのでしょう。
女性との出会いは会ってからが本番になるので、次はどういったデートにするのか、好みに関しても考えて事前にしっかりと決めておきましょう。
デートが楽しく終わって女性に安心して貰う事ができれば、どんどんと関係が進んでいくでしょう。
D(ホステス)「有名ブランドのバッグなんて頼んだらちょろくないですか?わたしとかは、数人別々に同様の誕生日プレゼントお願いして自分用とあとは現金に換える
筆者「マジですか?プレゼントオークションに出すんですか?」
D(キャバクラで稼ぐ)「てゆうか、ふつうオークションだしますよ。取っておいてもそんなにいらないし、流行とかもあるから、物を入れてバッグもうれしいんじゃない?」
E(十代、国立大の女子大生)言いづらいんですが、わたしなんですが、お金にします」
C(銀座のサロン受付担当)「エロイプを利用してそういう使い方知りませんでした…私はまだまだブランドのバッグなんてねだったこともないです」
筆者「Cさんの体験を聞きたいです。エロイプを使ってきたなかでどんな目的の男性を関わってきましたか?
C「高級品を送ってくれる誰もからももらってないです。ほとんどの人はパッと見ちょっとないなって感じで、体目的でした。わたしの場合、エロイプとはいえ、彼氏が欲しくて待ち合わせしたのにいきなりセックスするのはムリですね。
筆者「エロイプではどういった異性と期待しているんですか?
C「夢を見るなってしれないですけど、医師免許のある人とか法律関係の方とか国立大在学中の高学歴の人がいいですね。
E(国立大に在籍中)わたしはですね、国立大で勉強していますが、エロイプだって、エリートがまざっています。そうはいっても、おすすめする相手でもない。」
エロイプでは、オタクを嫌悪感を感じる女性はなんとなく大多数を占めているようです。
オタク文化が大分浸透してきたとかの日本でも、まだ一般の人には市民権を得る段階には至っていないようです。

関連記事