エロイプを利用するときは予想通りにそのエロイプが信用できるものかどうか、という点に特に警戒をしましょう。
使い続けていて面倒事を抱えるような拙悪なエロイプについては、常に自重を油断しないようにすべきです。
沢山あるエロイプの中には、このように不善な目的で運営されているエロイプも開発されているのが実情です。
しかし、そのエロイプが不善なものであるかどうかについては、実際に活用してみなければわからない部分も数えきれないほどあります。
外側からの情報だけでそれを把握することは難しいことなので、確実に不善なアプリを敬遠することは厳しいものです。
事実、低劣なエロイプを引き当ててしまうと、迷惑メールが大量に送られてきたり、個人情報流失の被害に遭うことも考えられます。
果てに、金銭面で罠にかかる状況となってしまい、面倒が続いてしまうのです。
劣悪アプリに参加しても、トラブルに見舞われたら解約すればいい、と思う人は多いです。
ですが劣悪なアプリ側でも、こういう利用者の事情は把握しており、そのため退会可能な場所を乱雑にしています。
出だしから利用者を罠にかけるために用意されている出会うアプリなので、面倒なシステムであるのも合点がいきますね。
すなわち、極悪アプリに引っかかると、キャンセルが不可能となり、情報が広がっていくのです。
エロイプを手に取るなら、それを本当に使用した人からの評価を見るために、人伝てのサイトを見ておくのもアリです。
とにかく全く考慮せずに使うよりも先に種々の情報を比較して下調べをすると効果的です。
上質な維持管理しているエロイプなら、不都合がなく本当に出会える確率も期待できるので、取り掛かるときには情報を取得してからにしましょう。
この度は、ネットで出会いをユーザーである五人の女性(一人を除いてみんな三十代)にインタビューを敢行しました。
メンバーを見ていくと、結婚しているAと、3人の男性をキープしているギャルB、水商売で生計を立てるD、それから、現役女子大生E。銀座にある反射療法のサロンで受付担当をしているC、
これは内緒ですが、三十代女性を五人揃えたかったものの、当日になってキャンセルが入ってしまい、さっさと駅前で「エロイプについての取材を受けてほしい」と何十人か女性にオファーをして、いかがわしい声掛けにも快くOKしてくれた、十代のEさん含め五人に取材を敢行しました。
一番乗りで筆者よりも早くトークを展開したのは3人の男性をキープしているBさん。
B(三十代のギャル)「エロイプですが、「みなさんはどんな目的で利用しだしたんですか?私は援助狙いで今パパは三人です」
おかしそうにとんでもないことを言うBさんに、後の4人もためらいながら自分の経験を明かし始めました。
A(夫がいる)「私については、単純な話、外にも関係が欲しくなったのが発端です。一般常識としては、もちろん許されないでしょうけどやっぱりエロイプは利用する。」
B「ちょっと使うだけで止まらないですよね」
筆者「お金のためにエロイプに書き込む考えの女性は割といる?」
B「でなきゃやらないですよね」
Bさんの辛口コメントに反応して、キャバクラで稼ぐDさんがこともなげに、男性目線では受け入れがたいことを言ってのけました。

関連記事