今回は、エロイプなら割と親しんでいるという五人の女性(一人を除いてみんな三十代)に取材を敢行。
メンバーについては、夫だけでは満足できないA、3人の男性をキープしているギャルB、キャバクラ嬢として生計を立てているD、ラストに、国立大に通うE。銀座にある反射療法のサロンで応対をしているC、
本当のところ、三十代女性五人への取材を考えていたんですが、当日になってキャンセルが入ってしまい、手早く駅前で「エロイプについての取材に協力してほしい」と何十人かの女性に呼び込みをして、ナンパまがいの呼び込みにも快くOKしてくれた、十代のEさんも五人としました。
最初に、筆者をさえぎってしゃべりだしたのは、3人の男性をキープしているBさん。
B(三十代のギャル)「エロイプですが、「みなさんはどうして登録したんですか?私はパパ目当てで今三股かけてます」
おかしそうに暴露するBさんに他の4人も踏ん切りがつかないながらも自分の経験を明かし始めました。
A(旦那あり)「私の場合は、シンプルに主人以外の男性とセックスしてみたくて利用し始めたんですよ。倫理観からいったら、問題だとは思うんですけど、それでもエロイプにアクセスする。」
B「一旦ハマるとうれしくなりますよね」
筆者「ATM探してエロイプにログインする考えの女性は割といる?」
B「お金以外で使い方ってあります?」
ここで、キャバクラで稼ぐDさんが悪びれずに、男性から見ると驚愕の真実を語りました。
不定期にエロイプをそれを守る人がいる、といった感じの文章をネットで知った人も、ネット利用者なら相当多いと思われます。
もとより、エロイプだけがピックアップされがちですが、インターネットという巨大な場所では、人命を奪う仕事、闇取引、危険な性商売、このような許しがたいやり取りが、当たり前ように存在しているのです。
たとえここまで悪質でなくても、野放しになるのは、決してあってはならないことですし、これらの事案だけに限らず極刑に問われる可能性もあるのです。
書き込み者の情報をしっかりと調査をして、どこに住んでいるかを把握し、迅速に居場所を突き止め、事件を終息してもらうことになるのです。
「知らない人に情報曝け出すの?」と誤解してしまう人もごく一部いるようですが、あくまでも許される範囲で個人情報を最優先に考え、捜査権限の範囲で慎重に行動をして治安維持に努めているのです。
日本国民はやはり、嫌な時代になった、何も信じることができない、平和な時代は終わってしまったと悲しんでいるようですが、懸命な警察の努力でその結果重大な犯罪は半数程度になり、10代で被害に遭う人も右肩下がりとなっているんです。
よりよいサイトにするため、24時間体制で、ネット隊員によって見回っているのです。
あとは、まだまだこのような対策は激化されるでしょうし、ネットでの悪質行為は増えることはないだろうと取り上げられているのです。

関連記事