つい先日の記事において、「エロイプでは魅力的に感じたので、直接会うことにしたら犯罪者だった」となる女性に関するお話を紹介しましたが、その後この女性はなんと、その男性と別れずに付き合ってしまったのです。
そうなったのは、「何かありそうな男性で、断る事も恐ろしくなりどうすればいいか分からなかった」との話でしたが、実は他にも理由があったようで、怖いもの見たさという部分もあってそのまま関係を続けようと思ったようです。
彼の犯罪の内容というのも、大ぶりとも言える長さの刃物で傷つけたのは実の親だったのですから、危ないと感じる事があるだろうと思う人も少なくないでしょうが、温厚に感じる部分もあり、普段はそれこそ親切なぐらいでしたから、悪い人とは思わなくなり、お互いに恋人として思うようになったのです。
その後も上手くいけばいいのですが、時々おかしな動きをする場合があったので、気付かれないように家を出て、付き合いをそのまま終わりにしたと話していました。
もう二人だけでいる事が怖くなるようになって、それまで一緒に生活していた場所から、問題が起こる前に逃げようと出来るだけ急いで出ていったということですが、どうも普通とは違う威圧感があったといった事が理由の全てではなく、口げんかだったはずなのに、手を上げて黙らせたり、暴力的な部分を見せる動きをする場合があるから、次第に必要ならお金まで渡し、それ以外にも様々な事をして、生活をするのが普通になっていたのです。
おかしいと思う考えがあればそんな男性を追いかける筈はないのにと想像もつかないところなのですがよく言うと清純で信じてしまう彼女たちのような女は危険な男だと判断してもその人から離れられなくなっています。
前に多くの女性が暴力事件の道連れになり命を絶たれたりしているのにしかしそんな風なニュースから教えを得ない女性たちは動揺する自分を無視して相手の思いのまま思うつぼになってしまうのです。
今までに彼女の食らった「被害」は、だれがなんと言おうと犯罪被害ですし、どんなことがあっても法的に罪を償わせることができる「事件」です。
けれどもエロイプに加入する女は、とにかく危機感がないようで、当たり前であればすぐに適切な機関に訴えるようなことも、変わりなく受け流してしまうのです。
最終的に、悪いやつはこんな悪いことをしてもリークされないんだ受け入れてもらえるならどんどんやろう」と、図に乗ってエロイプを役立て続け、被害者を増加させ続けるのです。
「黙って許す」と発すれば、辛抱強い響きがあるかもしれませんが、その行動こそが、犯罪者を思い上がらせているということをまず認識しなければなりません。
被害を受けた時点で早いうちに、警察でも0円で相談ができる窓口でも何はともあれ先に相談してみるべきなのです。

関連記事