出会い系の治安維持のため常に誰かが見張っている、そのような話を本で読んだことがある人も、一定数いるかと思われます。
元々、エロイプだけの話ではなく、いろんな掲示板やサイトでは、残虐事件の委託、密輸、児童への違法ビジネス、それがいろんなサイトで、日常的に行われているのです。
以上のことが野放しになるのは、さらなる被害者を生み出すことになりますし、こんな冷酷な事件は逃げ得を許してはいけないのです。
書き込み者の情報をじっくりと精査して、住所を特定して、必要な手続きさえ済ませば捕まえることができるのです。
「保護法に違反しないの?」心配になる人も結構多いかもしれませんが、そもそもIPアドレスによる情報は、悪用されないよう努め、人々に支障をきたすことなく安全を考えながら悪人を探し出しているのです。
こんな事件を耳にすると、治安も悪くなった、日本は怖い国になってしまった、ますます恐怖を感じる一方だと嘆いていますが、むしろ積極的な摘発で治安は回復傾向にあり、18歳未満の犯罪被害も決して多いわけではないのです。
出会い系ユーザーのために、これから先も、多くの人たちがチェックしているのです。
何より、これ以降も悪質者の逮捕に精力を尽くし、ネットでの被害者は半数程度になるだろうと期待されているのです。

関連記事